おすすめ投稿

江戸〜昭和初期の古布から、着用した人々の人生、想いを書き留めた名著、『襤褸達の遍歴ーこぎれ四百姿』堀切辰一著

1987年1月21日、古民具店を経営していた堀切辰一氏が、『襤褸達の遍歴』という本を出版しました。

この本は、約15年かけて全国から集めた着物やふとん地の布400枚が、4センチ×12センチに切り分けられ、貼り付けられています。

江戸から昭和初期にかけて生産された布たちの用途、材質、産地を一枚ずつ調べ、可能な限り身につけていた人から着物にまつわる話を聞き出して、解説が書かれているのです。

襤褸(らんる)とは、「ぼろきれ」や「ぼろ」のことを指し、使い古した布や、補修されて継ぎ接ぎだれけの布を意味しています。

堀切氏は、「ぼろ」ではなくあえて襤褸(らんる)と呼んでいました。なぜなら、小さな布もまだ使命を持っており、役に立たないものではないから「ぼろ」と呼ぶのはふさわしくないと考えていたためです。

古着としても歴史資料の価値がある着物を切り刻んで本に張るのには、やはり周囲の反対があったようですが、「布に込められた人生と思いは、実物の布に触れてもらわないと伝わらない」と堀切氏はあえて本に残したのです。

経糸がからむし糸、緯糸に絹糸

続きを読む

なぜ振袖は、袖が長くなったのか?振袖の装飾技法と模様について。

振袖とは広い意味で、身頃(体の前面と背面を覆う部分)と袖の縫い付け部分を短くして、「振り」(袖つけより下の袖の部分)を作った袖のこと、もしくは「振り」をもち小袖形の衣類全般を指します。

振袖の”ようなもの”は、室町時代(1336年〜1573年)から安土桃山時代(1573年〜1603年)にかけて、当時の文献や肖像画からみてとれます。

着用しているのは、もっぱら子供や若い女性ですが、当時はまだ「振袖」とは呼ばれず、袖も現在のように長くはありませんでした。

機能面では袖の下の一部分を解くことで、空気が通りやすくして暑さを逃がすという実用的な面もあったようです。

なぜ振袖は、袖が長くなったのか?

振袖は装飾が美しいというイメージはあると思いますが、歴史的にその際立った染織美を発揮するようになったのは、袖丈が伸びていく過程とほぼ一致しているとされています。

機能的な面から言えば、袖が長くなることでプラスになる面は、そんなに多くないでしょう。顔を隠しやすくなることはあっても、動きやすくなるという点は考えにくいです。 続きを読む

友禅染めの工程。糸目糊(いとめのり)を置く代表的な本友禅。

友禅染めは、もともとおこなわれてきた描絵による手描き友禅と、明治に入って考案された型友禅に大きく分類できます。

手描き友禅にも、糊の置き方の違いなどによってさまざま種類がありますが、糸目糊(いとめのり)を置く代表的な本友禅の工程を紹介します。

①青花付け

※仮絵羽(かりえば)の状態の生地に青花で下絵を描きます。描き終わったら、仮絵羽を解いて一枚の布に縫い合わせて戻す端縫い(はぬい)の作業をおこないます。

※仮絵羽(かりえば)・・・きものを仮に仕立てたものをさします。きものの形に仮縫いしてあるので、全体の柄の様子がわかります。 続きを読む

友禅染めとは?その語源と宮崎友禅風のデザインの特徴。

江戸時代中期以降、きらびやかな色彩で、思うがままに描かれた模様染めが一世を風靡しました。

友禅模様と言い伝えられたこの染めは、精密な糸目糊(いとめのり)による色挿しと巧みな暈し(ぼかし)によって、従来の刺繍や絞り染めなどの技法では表現することができなかった絵画のような模様を着物にもたらしました。

特に、風景を題材にしたものは、江戸時代中期にもっとも好まれたもののひとつでした。 続きを読む

寛文小袖とは?鹿子絞りを中心としつつ、刺繍と縫い絞りを併用した技法が用いられ、動植物のみならず文字や器具が動的な模様として表現された。

小袖とは何かをおさらいすると、現在の「きもの」の原型にあたるものです。その名の通り、袖口が狭く詰まった仕立てになっています。

起源は、平安時代中頃に庶民の日常着や宮廷における男女の下着からと言われています。

鎌倉〜室町時代において武家が台頭してくるにつれて、服装の簡略化が進み、上層階級に下着として用いられていた小袖はだんだんと上着として使われて、庶民の小袖も上質化してきました。

その後、政治、文化の転換点である応仁の乱(1467年〜1477年)を境に、各階層共通の衣装の形式として小袖が完成したのです。

続きを読む

慶長小袖とは?黒、紅、白の綸子地、摺箔による地模様の上から刺繍と鹿子絞りで模様が表現された。

一般的に「慶長小袖(けいちょうこそで)」と呼ばれている衣類は、主に黒・紅・白の※綸子地(りんずじ)、または黒・紅・白の三色に染め分けられた生地に※摺箔(すりはく)で柄をつくり、刺繍と鹿子絞りで模様を表しています。

※綸子(りんず)・・・経糸、緯糸に生糸をつかって織りあげた繻子織りの一種で、後染め用の生地になる

※摺箔(すりはく)・・・型紙を用いて糊を生地に置き、その上に金箔や銀箔を貼りつけることによって、織物を装飾する技法

文献の記述などから、庶民ではなく主に上層武家階級を対象として慶長(1596年〜1615年)の終わりごろから元和(1615年〜1624年)・寛政期(1789年〜1801年)にかけて制作されたと推定されています。 続きを読む

辻が花とは何か?室町時代から安土桃山時代にかけて流行した縫い絞りを主体とした文様染。

辻が花は、室町時代(1336年〜1573年)から安土桃山時代(1573年〜1603年)にかけて流行した文様染めです。

残っている記録には、辻が花という言葉が※帷子(かたびら)と結びついてあらわれることが多く、慶長8年(1603年)イエズス会によって長崎で刊行された『日葡辞典(にっぽじしょ)』の辻が花という言葉が出てきます。

※帷子(かたびら)とは、生糸や麻で作ったひとえ(裏をつけない衣服)の着物のこと

辻が花の項目には「赤やその他の色の木の葉模様や紋様で彩色してある帷子。またその模様、または絵そのもの」とあり、模様染がされた帷子やその模様を意味していたことがわかります。

しかし、今に現存しているものには、麻地の帷子はほとんどなく、※小袖(こそで)や※胴服(どうぷく)ばかりです。

※小袖(こそで)・・・袖口を小さく縫いつめて小型の袖にした着物のこと
※胴服(どうぷく)・・・武家の常用着。羽織の古い言い方

そのため、現在「辻が花」という言葉は、室町〜安土桃山時代の小袖や胴服などにみられる縫い絞りをメインに使用した文様染めのことを、「辻が花」と読んでいます。

縞平絹地草花扇面雪輪雲模様辻が花 裂-Tsujigahana Textile with Horizontal Stripes, Flowering Plants, Fans, Snowflakes, Clouds, and Bellflowers MET DP104360
引用:commons.wikimedia.org「縞平絹地草花扇面雪輪雲模様辻が花 裂」

続きを読む

「用と美」と「堅牢」。生産者は5年、10年先の将来を見据えたものづくりへ。消費者は、消費に対する価値観をアップデートする必要がある。

「用と美」という言葉があります。

この言葉を聞くと、「民藝運動の父」と呼ばれる柳宗悦(1889年〜1961年)を思い浮かべる方も多くいるのではないでしょうか。

名も無き職人の手から生み出された日常の生活道具を「民藝」と名づけ、民藝には美術品に負けない美しさがあると唱え、美は生活の中にあると語りました。

人々の暮らしの営みのなかから生まれた民藝には、「用」にきちんとひも付いた「美」が宿っている。豪華な装飾がほどこされ、観賞用の作品が主流となってきていた工芸の世界において、あたらしい美の価値観やモノの捉え方を提示したのです。 続きを読む

禁色の色合い。天皇の色彩である黄櫨(こうろ)、黄櫨染(こうろぜん)と皇太子の色彩である黄丹(おうに)とは?

黄櫨(こうろ)、黄櫨染(こうろぜん)と呼ばれる色彩があります。

この色は、一見すると茶色に見えますが、日光によって赤褐色になったり、光の当たり方によっては赤色に輝くという特徴があります。

平安時代以降、日本の天皇が儀式のときに着用する袍(ほう)の色と決められ、絶対禁色として天皇以外は着ることが許されない色とされてきました。 続きを読む