素材」カテゴリーアーカイブ

日本における絹(シルク)の歴史。人間が蚕と紡いできた歴史とこれから。

シルクの起源は、紀元前2650年前、古代中国の神話伝説時代の8人の帝王の一人で黄帝の妃である、西稜が繭(まゆ)から糸をとり出すことを考え、貴人などのそばに仕える女性たちに養蚕と製糸の技術を教えたことから始まったとされています。

殷代安陽期(紀元前1200〜1050年)に出土した甲骨文字の中に「蚕」「桑」「絹」「糸」に関する文字が見られることから、遅くとも殷王朝時代の中国では、(紀元前1600年頃〜紀元前1046年まで続いた中国最古の王朝)すでに養蚕が行われていたとされます。

長きにわたって技術は国外秘にされていましたが、絹織物は、古代ギリシャのアレキサンダー大王(紀元前356年〜紀元前323年)の頃から絹の交易の道であったシルクロードを通じて国外に輸出されました。

シルクロードは、長安からシルクロードの分岐点として栄えた敦煌(とんこう)、新疆(しんきょう)の砂漠を通り、一方はインドへ続きます。 続きを読む

シルク(絹)繊維の性質と構造、美しい光沢感が生まれる理由。

シルクは、綿や羊毛と違い連続した細い繊維でできていて、しなやかな感触と優雅な光沢感を持っています。

シルクを産出しなかったヨーロッパでは、シルクはシルクロードを通って遠く中国から運ばれ、同じ重さの黄金と同じ価格で取引されたと言われています。

人類は5000年以上も前から、マユを利用して糸をつくることを知っていたようですが、現代においては貴重で最高の繊維とされているシルクの特徴としては、さまざま挙げられます。 続きを読む

木材パルプと酢酸からつくるアセテート繊維。

レーヨンを化学的に改良したものに、アセテート繊維があります。

レーヨンの主原料である木材パルプに、合成薬品の酢酸(さくさん)を化学的に作用させてつくった半合成繊維です。

植物繊維と合成繊維の両方の性質を併せ持っているアセテート繊維の特徴は、シルクのような光沢感とやわらかい感触に加えて、染色における発色の良さなどが挙げられます。 続きを読む

化学繊維の糸はどのように作られているのか。代表的な3種類の紡糸方法、湿式紡糸、乾式紡糸、溶融紡糸。

化学繊維を製造するためには、まず最初に原料から鎖状の高分子を溶剤に溶解するか、加熱して水あめのようなドロドロの状態にします。

鎖状の高分子は、原料のセルロースを反応させ改質したり、石油や天然ガスなどの繊維と無縁の原料から合成したりして作ります。

そしてドロドロの高分子を、ノズルといわれる口金(くちがね)の穴から押し出して固めて繊維にする「紡糸」の工程が必要になります。

化学繊維の糸をつくるための紡糸方法は、大きく分けて①湿式紡糸、②乾式紡糸、③溶融紡糸の3種類あります。

他にも、液晶紡糸法、ゲル紡糸法、エマルジョン紡糸法などさまざまな化学繊維の紡糸方法がありますが、今回は上記の基本的な3種類について紹介します。 続きを読む

羊毛はなぜ縮むのか?ウール・羊毛の特徴と性質。

羊毛は、家畜として飼育されている羊の毛です。

国際的な商取引では羊毛に限って「ウール」と呼んでおり、他の獣毛繊維を「ヘア」(毛)と呼んで区別しています。

品質表示では、「毛」というのは、すべての獣毛に使用できますが、高級品であること示すために、カシミヤはモヘア、アンゴラなどとそれぞれ表記できる場合があります。 続きを読む

石炭や石油、天然ガスからつくる繊維について。合成繊維の共通的な特徴。

ほとんどすべての繊維は、ポリマーと呼ばれる高分子物質で構成されています。

合成繊維では、繊維とは一見すると無関係な石炭や石油、天然ガスから化学的処理によって繊維をつくります。

合成繊維は、合成高分子の繊維であり、繊維を合成するのではありません。石炭と水と空気からナイロンがつくられ、この発明から続々と合成繊維が発明されていきました。

ポリエステル、アクリル、ビニロン、ポリ塩化ビニル、ビニリデン、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタン等、合成繊維の例はたくさんあげることができます。

世界三大合成繊維はナイロン、ポリエステル、アクリルの3種類で、合成繊維のほとんどのシェアを占めています。 続きを読む

羊毛(ウール)・獣毛の特徴的な性質である湿潤熱(しつじゅんねつ)の発生。

羊毛や獣毛の特徴的な性質として、湿潤熱(しつじゅんねつ)の発生が挙げられます。

湿潤熱とは、羊毛の繊維が水分を吸収する際に(湿潤)によって、放出する熱のことです。

湿潤熱を実感として感じたことがあるという人は、ほとんどいないと思いますが、実話として、水浸しになったウールを保管している倉庫が中にはいれないほど熱気に包まれたり、雨に打たれた毛織り物が凍っても濡れ雑巾のようにはならなかったために、雪山で人が救われたということがあるようです。 続きを読む

羊毛・ウールは体の部位によって品質に違いがある。梳毛糸(そもうし)と紡毛糸(ぼうもうし)と各品種の羊毛の繊維直径、繊維長、質番、巻縮数について。

羊毛は、毛を採取するその部位によって品質や性質が変わってきます。

胴体の側面で、肩のあたりがもっとも良質なウールがとれるようです。

公益社団法人畜産技術協会の記事「目的にあった羊毛の扱い」に非常にわかりやすい図と説明がありますので、ここに引用します。 続きを読む

羊毛の歴史。新石器時代から中央アジアで家畜として飼育される。

一万年前の新石器時代、中央アジアでは、羊が家畜として飼育されていたと言われます。

現在のイラクの一部にあたるメソポタミア地域で栄えたバビロン王朝時代には、(紀元前1830年〜1530年)すでに毛で織られた織物があったそうです。

紀元前200年ごろになると、ローマ人が羊毛を改良し始め、1世紀には、現代にも名前が知られているスペイン・メリノ種が生まれました。スペインでは、品質にすぐれたこの種類の羊を独占するために、長年に渡って国外持ち出し禁止としていました。 続きを読む