」カテゴリーアーカイブ

日本における絹(シルク)の歴史。人間が蚕と紡いできた歴史とこれから。

シルクの起源は、紀元前2650年前、古代中国の神話伝説時代の8人の帝王の一人で黄帝の妃である、西稜が繭(まゆ)から糸をとり出すことを考え、貴人などのそばに仕える女性たちに養蚕と製糸の技術を教えたことから始まったとされています。

殷代安陽期(紀元前1200〜1050年)に出土した甲骨文字の中に「蚕」「桑」「絹」「糸」に関する文字が見られることから、遅くとも殷王朝時代の中国では、(紀元前1600年頃〜紀元前1046年まで続いた中国最古の王朝)すでに養蚕が行われていたとされます。

長きにわたって技術は国外秘にされていましたが、絹織物は、古代ギリシャのアレキサンダー大王(紀元前356年〜紀元前323年)の頃から絹の交易の道であったシルクロードを通じて国外に輸出されました。

シルクロードは、長安からシルクロードの分岐点として栄えた敦煌(とんこう)、新疆(しんきょう)の砂漠を通り、一方はインドへ続きます。 続きを読む

シルク(絹)繊維の性質と構造、美しい光沢感が生まれる理由。

シルクは、綿や羊毛と違い連続した細い繊維でできていて、しなやかな感触と優雅な光沢感を持っています。

シルクを産出しなかったヨーロッパでは、シルクはシルクロードを通って遠く中国から運ばれ、同じ重さの黄金と同じ価格で取引されたと言われています。

人類は5000年以上も前から、マユを利用して糸をつくることを知っていたようですが、現代においては貴重で最高の繊維とされているシルクの特徴としては、さまざま挙げられます。 続きを読む

野蚕シルクの種類と特徴、家蚕シルクとの違いについて。

シルクの素材を扱う上で、「家蚕(かさん)」、「野蚕(やさん)」という言葉に出会います。

野生であったものを人工的に繁殖させたり、品種改良しながら飼育された蛾が「家蚕(かさん)」と呼ばれ、野生に生息していたり、野生に近い状態のマユをつくる昆虫類を「野生絹糸虫」と総称し、その中で特に実用的なマユをつくる品種を「野蚕(やさん)」と呼んでいます。 続きを読む