生成り」カテゴリーアーカイブ

灰汁で布を白く晒す技術。奈良晒(ならざらし)はどのように作られたのか?

江戸時代に奈良では、織り上げられた麻の布を白く晒した(漂白した)上質な布が生産されていました。

当時から、「奈良晒(ならざらし)」と呼ばれました。

室町時代には、奈良晒しの原料となる、苧麻(からむし(イラクサ科の多年草木))は、苧引き(おびき)という皮剥ぎを行なって、繊維を苧積み(おうみ)できる直前の状態まで半加工して、青苧(あおそ)という状態で流通していきました。 続きを読む