綿」カテゴリーアーカイブ

繊維の宝石、世界最高級の海島綿(シーアイランド・コットン)。

木綿の原産地は、インドと言われています。

インドのパンジャブ地方は、古くから織物の技術の世界的な源であり、ヒマラヤを源流としインド洋に注ぐインダス川流域の文化とともに世界中へ広がっていきました。

紀元前一世紀頃の古代ローマでは、人々はすでに綿の布を身にまとっていたようです。

日本に木綿が入ってきたのは1200年ごろの鎌倉時代初期、中国から綿がやってきたと推定できる文献はあるそうで、その後に種子が伝わってきて、三河や遠江、大和、摂津、河内、和泉などが産地となりましたが、明治時代の産業の近代化の波に飲まれ、衰退していきます。

関連記事:和綿が衰退した歴史。産業の近代化の波に飲まれ、輸入綿を原料に、和綿が切り捨てられる。

綿を巡る歴史は、世界中数え切れないほどありますが、西インド諸島で栽培されていた海島綿とコロンブスの話があります。

続きを読む

藍作・藍染と木綿の深いつながり。共に発展し、衰退していった歴史。

明治8年、イギリスの科学者であるアトキンソンが来日した際、日本人の暮らしの中に、青色が溢れていることを知りました。1875年、いまから約150年前です。

全国の至る所で見られる藍染の布をさして、ジャパンブルーと最初に呼んだのが彼だとされます。

日本中の庶民にとって大切にされてきた、藍染の衣類。藍染が日本に広がった理由として、木綿とのつながりは切っても切り離すことができない歴史がありました。 続きを読む

和綿が衰退した歴史。産業の近代化の波に飲まれ、輸入綿を原料に、和綿が切り捨てられる。

木綿は、16世紀には国内での栽培が広まり出し、17世紀初頭ごろには飛躍的に発展していきました。

庶民の日常的な衣服となり、江戸時代の経済と政治において、一貫して重要な役割を果たしていました。しかし、明治維新を経て、殖産興業政策のもとで、決定的な打撃を受けることになります。

殖産興業政策とは、明治政府が西洋諸国に対抗し、機械制工業、鉄道網整備、資本主義育成により国家の近代化を推進したさまざまな政策のことを指します。

明治政府は、産業の近代化を「輸出振興」「輸入防遏(ぼうあつ)」という国家のスローガンを掲げ、輸出輸入の両面から綿業は、中核的戦略産業として位置づけられました。

外国の質の高い綿糸・綿布に負けないようにと、綿業の近代化は国家的な課題とされていたのです。 続きを読む

日本の綿花栽培・木綿生産が普及した歴史。苧麻が、木綿に取って代わられた理由。

江戸時代に流通した主な商品は、米を抜きにして考えると、木綿・菜種・干鰯(ほしか)・酒・材木・藍などが上位を占めました。

江戸時代以前、木綿が大陸からやってきて広がっていく前は、日本において苧麻(からむし)を原料にした布が一般的に生産されていましたが、戦国時代から江戸初期にかけて、木綿が爆発的な普及したとされます。

理由としては、大きく2つ挙げられます。 続きを読む

ヨーロッパ人を魅了したインドの綿織物であるキャリコと、産業革命の深い繋がり。

インドにおけるキャリコ(calico)と呼ばれた平織りの綿織物が、17世紀終わり頃からヨーロッパに伝わり、人々を魅了しました。

インドのカリカット(現在は、コージコード)から主に輸入されていたことから、キャリコやキャラコと呼ばれるようになり、素材的には日本でいう金巾(かなきん)に近く、平織りで織られ、軽くてしなやかさがあるのが特徴的でした。カーテンやシーツ、そして肌着等にも適していたそうです。

もともと、ヨーロッパには綿花の栽培と綿工業がなかったので、インドからやってきた綿織物が、人気を博すのは必然でした。人々に愛されたキャリコですが、その歴史をたどってみると、イギリスの産業革命と、その背景にあった悲しい歴史がみえてきます。

続きを読む

伝説の綿織物、ダッカ・モスリン。

今では伝説として語り継がれていますが、現在のバングラデシュの首都ダッカでは、高度な技術によってつくられたダッカ・モスリンという伝説の織物がありました。

今、現存するものはロンドンのヴィクトリア・アルバート博物館で保存されているようです。

バングラディッシュは、インドから独立した国なので、イギリスが植民地統治をしている以前は、インドの綿業の中心地であり、その生産量や染色技術においてももっとも世界で進んでいたと言われます。

当時はもちろん機械がなく手工業だったので、糸は手紡ぎされていましたが、その糸が非常に細く、それをもってして薄い織物を織っていました。

インドで手つむぎをイメージすると、ガンジーが糸車を回している有名な写真を思い起こしますが、当時細い糸を紡ぐときも、早朝に霧の立ち込める川のほとりで糸車を回し、指先に油をつけながら紡いだといわれています。

早朝の霧、そして川の近くで湿気っぽい場所が、糸をつむぐのに適していたのです。

Gandhi spinning
画像引用:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gandhi_spinning.jpg

その生地の薄さについて、さまざまな逸話が残っているようで、インドの伝統的な民族衣装であるサリーを丸めると、手のひらにおさまってしまうほど小さくまとまると言われたり、王女が月夜にベランダに出ているのを王様が部屋から見たときに裸に見え、王女を叱ったという話もあったようです。

そんな伝説的な織物ですが、イギリスの植民地化によってはかなく散ってしまった歴史があります。

綿織物がヨーロッパに与えた衝撃

ヨーロッパには、イギリスを代表とする羊毛工業で栄えた国が数多くあります。「羊が人を食う」といったエンクロージャー運動が起こったことを、歴史の教科書で学んだのを覚えている方もいると思います。

毛糸を編んだり織ったりして衣類をつくったので、毛織物がヨーロッパ人にとっては慣れ親しんだ衣類だったのです。

麻のような、植物性繊維もなくはありませんでしたが、綿は特に、ヨーロッパのような寒い地域では栽培できなかったので、ヨーロッパ人には馴染みがなかったのです。

だからこそ、インドから質の高い綿織物が伝わってきたのが、ヨーロッパ人にとっては大きな出来事だったのです。『産業革命の偶像 角山 栄著』には、以下のような記述があります。

イギリスの東インド会社がインドから輸入した美しくて、はだざわりのよいキャリコはヨーロッパ人を魅了した。女性はたちまちドレスにもってこいだとしてざわついた。部屋のカーテンにもうってつけだったし、白い綿布はベットのシーツやカバーにもなるし、肌着にしてもよかった。その上、インドの低賃金でできたから、値段も安く、大衆の間にしだいに広がり始めた。

綿織物の幅広い用途と使いやすさに、当時の人々はさぞかし驚いていたのでしょう。

キャリコは日本でいう金巾(かなきん)に近く、平織りで織られ、軽くてしなやかさがあるのが特徴的な綿織物でした。

奴隷を手に入れるために綿織物を売る

瞬く間にヨーロッパの大衆に広がっていた綿織物でしたが、業者にとっては大打撃。その結果、イギリスでは東インド会社がもってくる綿織物の使用が禁止されることになりました。

しかし、イギリスでは綿織物の国内輸入は禁止されていたものの、それを横流しして他国に売ることはしていました。その当時、奴隷貿易が盛んに行われていたので、綿織物とアフリカ大陸の人々が「交換」されていたのです。

タバコ、銃、砂糖、酒、そして綿布をアフリカへ送り奴隷を手に入れ、その奴隷を西インド諸島の植民地に労働者として送る。そして物資がイギリスにもどってくる。三角貿易と言われたこの物資の流れに、インドの綿織物も含まれていたのです。

イギリスの産業革命が綿工業から始まった理由

イギリスの産業革命は、綿工業から始まったといわれます。

産業革命の始まりは、「イギリスがもともと綿工業が盛んで、機械が導入されたことによって生産性が急上昇した」というような簡単な話ではありません。

背景にはインドの綿織物の貿易がきっかけとなり、植民地での綿花栽培、そして国内需要に答えるための結果としての大きな技術革新があったのです。

ダッカ・モスリン、インド綿織物の悲しい歴史

世界最高峰の綿市場があったインドに入り込んだイギリスでしたが、到底その技術や品質において、インド市場に打ち勝つことはできません。

イギリスの綿工業が始まった、18世紀初め頃、その最大の競合はいわずもがなインドの綿工業だったのです。

インド市場に入り込むためにもイギリスがしたのは、インドからの輸入阻止や高い関税を課すこと。そして、インド人職人の技術をこの世から奪い去ることでした。

ダッカ・モスリン、綿織物の歴史のなかでは、多くの血が流されたのです。

手工業の歴史を辿るとその当時の出来事が見えてきます。ただ、そこに悲惨な事件が数多くあったということも、理解しておかないといけないと感じます。

参照:伝説の薄布「ダッカの霧」

綿の繊維の長さと糸の細さの関係。

綿花は、種類によって採れる繊維の長さが違います。

大きくわけると、エジプト綿やスーダン綿の系統は超長繊維綿で、アメリカ綿に代表されるアンプラント綿は中長繊維綿、アジア在来種のデシ綿は短繊維綿に分類できます。

綿の繊維の長さは、糸にするときにその糸の細さに大きく関係してきます。 続きを読む

繊維をつくる綿花4種類。約9割が、アメリカで進化したヒルスツムのアプランド綿。

綿花はアオイ科のワタ属に属し、品種は20種類ほどが野生種として残っています。繊維をつくらない種類もありますが、繊維をつくるワタ属は、大きく以下の4つに分類することができます。

①arboreum(アルボレウム)②herbaceum(ヘルバケウム)③barbadense(バルバデンセ)④hirsutum(ヒルスツム)

①arboreum(アルボレウム)②herbaceum(ヘルバケウム)は、インド、パキスタンあたりで古くから栽培され、世界中に広がっていきました。③barbadense(バルバデンセ)④hirsutum(ヒルスツム)はアメリカ大陸が発祥と言われます。

①arboreum(アルボレウム)②herbaceum(ヘルバケウム)の染色体が13個、③barbadense(バルバデンセ)④hirsutum(ヒルスツム)は26個であるため、染色体の数が違う品種同士の交配はできません。 続きを読む

綿とポリエステルを混紡した黄金ブレンド。

綿は、さまざまな用途で使われています。

その特徴としては、肌や手に触れる用途に強く、その肌触りの良さは言わずもがな、繊維の中でも優れたものがあります。肌に触れる下着やインナー、タオルなど実用的に使える場面は数知れず。

他の素材と比較すると、強度に関しては化学繊維のポリエステルやナイロンより劣り、シワになりやすかったり縮みやすいという特徴もあります。

綿は繊維のなかでは、万能とも言われてきましたが、他の繊維と混ぜて糸をつむぐ(混紡)によって、綿特有の欠点を補ったり、その他の繊維と混ざることで、新たな強みを出すことができます。

混紡(こんぼう)というのは、種類の違う繊維の特性を高めて、それぞれの欠点をおぎなうようにして行われるのがポイントです。

例えば、ポリエステル65%、綿35%の割合で合成された繊維があります。ポリエステルの、吸収性は少ないけれどもシワになりにくい特性と綿の特性が調和し、吸収性が高くシワになりにくい素材となるのです。

この割合の素材は、着心地が良く、乾きやすく、シワになりにくいため、「黄金ブレンド」と呼ばれたそうです。

ポリエステルの優れた性質

ポリエステルは、数々の優れた性質をもっており、特に、熱可塑性(糸や布にある形を与えて、熱と圧力を加えると形が固定される性質があり、これによってさまざまな加工がしやすい)と低吸湿性(湿気を吸い込みにくいため、水に濡れても乾きやすい)が挙げられます。

ウォッシュアンドウェア(wash and wear)やノーアイロン、いまだとイージーケアなどと言う言葉がありますが、家庭で洗濯ができて濡れても乾きやすく、しわになりにくい性質が、熱可塑性と低吸湿性によって引き出されているのです。

他の繊維となじみやすいので、多くの天然繊維や化学繊維と混紡したり、異なる糸を用いて交織(こうしょく)したりして、互いの長所を生かしながら、短所を打ち消し合うことができるのです。

上記のポリエステル65%、綿35%の割合で合成された繊維もその良い一例です。

ポリエステルの短所としては、繊維が硬いためにピリングと呼ばれる毛玉ができやすく、汚れのひどいものと一緒に洗ったり長時間洗濯液に浸けておくと、その汚れを吸い取って次第に薄黒くなっていく「逆汚染」と言われる欠点もあります。

そのため、白いポリエステル生地は、汚れたものと一緒に洗わない方が良いです。