友禅染めとは?その語源と宮崎友禅風のデザインの特徴。


江戸時代中期以降、きらびやかな色彩で、思うがままに描かれた模様染めが一世を風靡しました。

友禅模様と言い伝えられたこの染めは、精密な糸目糊(いとめのり)による色挿しと巧みな暈し(ぼかし)によって、従来の刺繍や絞り染めなどの技法では表現することができなかった絵画のような模様を着物にもたらしました。

特に、風景を題材にしたものは、江戸時代中期にもっとも好まれたもののひとつでした。

友禅染めの語源

友禅染めの「友禅」という名前は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した絵師である、宮崎友禅(1654年〜1736年)に由来します。

彼の生涯は、謎に包まれている部分が多いですが、絵師としては、扇形の画面に描いた絵である扇面画(せんめんが)を得意としていました。

井原西鶴の処女作である「好色一代男」や吉田半兵衛の「好色訓蒙図彙」などには、友禅の描く扇に対する人々の評判が記されているようです。

もともと染色業界には無縁であった彼が※小袖の模柄のデザインを行うようにもなったのは、扇面に描いた絵が友禅扇(ゆうぜんおうぎ)と言われるほど流行したことが大きかったでしょう。

小袖(こそで)・・・現在の「きもの」の原型にあたるもので、その名の通り、袖口が狭く詰まった仕立てになっている

言わずもがな、友禅の小袖デザインは、人々に大好評。より華麗な衣装を求める身分の高い女性たちにとって、友禅のデザインは羨望の的だったことでしょう。

友禅染めの特徴

友禅染めの特徴はなんといっても、絵を描くようにさまざまな模様を染め上げられるところにあります。

現代における友禅染めには、 型紙を用いる 「型友禅 」、直接筆で色をつける「素描(すがき)友禅」など、いくつも種類がありますが、江戸時代以来その中核をなしてきたのは 「手描き友禅 (本友禅)」でした。

手描き友禅は、※渋筒(しぶつつ)と呼ばれるものに、もち米とぬかなどを主な材料とする糊を入れて

※渋筒(しぶつつ)・・・ホイップクリームを出すために使う絞り袋のようなイメージ。柿渋を塗った紙(しぶがみ)でできている

作品を制作するときは、ただ友禅染めだけで表現するのではなく、大胆な絞り染めによる不定形を加えたり、刺繍によって力強い文字を表現することで、アクセントを加えることができました。

友禅染めのみであると、わかりやすく、悪くいうと単調な図柄になる場合もありますが、技法を併用することでより深みのある新たなデザインも可能になったのです。

友禅風のデザインとはどのようなものか

友禅風や友禅流と言われるような小袖の模様には、友禅の扇絵から派生した丸模様の系統と、直接模様を描く絵画的な系統の二種類があったと考えられています。

丸模様は元禄(1688年〜1704年)に入ってから流行は下火になっていった一方、絵画的な模様が小袖の主流となっていき、友禅風のデザインは、技法ではなく絵画的なデザインの「定番」として昇華していったのです。

友禅風のデザインをするために当時からの技術の柱であった、糸目糊(いとめのり)と巧みな色挿しによる染色は、現代の友禅に真っ直ぐ通じる要素といえます。

今では友禅といっても「宮崎友禅」の名前は連想されるものではありません。あまりにも友禅染めが技法を超えて人々に一般化されてきたので、いつからか彼の名前が出てくることがなくなったのでしょう。

「ゆふせん」と友禅染(ゆうぜんぞめ)は別物

絞りによる染物は「ゆはた」や「ゆふ」といわれ、「ゆふせん」という名称が、絞り染めによる柄付けの意味で使われていた時代があります。

ちなみに「ゆはた」は、漢字で纈と書きます。

友禅染と日本古代の「ゆふせん」は、模様染めという点は一緒ですが、それ以外は全く別の種類の染めです。

参考文献:『日本の染織 5 友禅染 (京都書院美術双書)』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です