友禅染めとは?その語源と宮崎友禅風のデザインの特徴


江戸時代中期以降、きらびやかな色彩で、思うがままに描かれた模様染めが一世を風靡ふうびしました。

友禅模様ゆうぜんもようと言い伝えられたこの染めは、精密な糸目糊いとめのりによる色挿しと巧みなぼかしによって、従来の刺繍や絞り染めなどの技法では表現できなかった絵画のような模様を着物にもたらしました。

特に、風景を題材にしたものは、江戸時代中期にもっとも好まれたもののひとつでした。

友禅染めの語源

友禅染めの「友禅」という名前は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した絵師である、宮崎友禅みやざきゆうぜん(1654年〜1736年)に由来します。

彼の生涯は、謎に包まれている部分が多いですが、絵師としては、扇形の画面に描いた絵である扇面画せんめんがを得意としていました。

井原西鶴いはらさいかくの処女作である「好色一代男こうしょくいちだいおとこ」や吉田半兵衛よしだはんべえの「好色訓蒙図彙こうしょくきんもうずい」などには、友禅の描く扇に対する人々の評判が記されているようです。

もともと染色業界には無縁であった彼が※小袖こそでの模柄のデザインを行うようにもなったのは、扇面に描いた絵が友禅扇ゆうぜんおうぎと言われるほど流行したことが大きかったでしょう。

小袖こそで・・・現在の「きもの」の原型にあたるもので、その名の通り、袖口が狭く詰まった仕立てになっている

言わずもがな、友禅の小袖デザインは、人々に大好評。より華麗な衣装を求める身分の高い女性たちにとって、友禅のデザインは羨望の的だったことでしょう。

友禅染めは、宮崎友禅が発明した模様染とされることもありますが、一個人の発明した技法というよりは、長年に渡って工夫が凝らされていき、徐々に発達していったところに彼が登場したことで花開いたと考える方が理にかなっています。

友禅染めの特徴

友禅染めの特徴はなんといっても、絵を描くようにさまざまな模様を染め上げられるところにあります。

現代における友禅染めには、 型紙を用いる 「型友禅」、直接筆で色をつける「素描すがき友禅」など、いくつも種類がありますが、江戸時代以来その中核をなしてきたのは 「手描き友禅 (本友禅)」でした。

作品を制作するときは、ただ友禅染めだけで表現するのではなく、プラスアルファで大胆な絞り染めによる不定形を加えたり、刺繍によって力強い文字を表現することで、アクセントを加えることができました。

友禅染めのみであると、わかりやすく、悪くいうと単調な図柄になる場合もありますが、技法を併用することでより深みのある新たなデザインも可能になったのです。

友禅風のデザインとはどのようなものか

友禅風や友禅流と言われるような小袖の模様には、友禅の扇絵から派生した丸模様の系統と、直接模様を描く絵画的な系統の二種類があったと考えられています。

丸模様は元禄(1688年〜1704年)に入ってから流行は下火になっていった一方、絵画的な模様が小袖の主流となっていき、友禅風のデザインは、技法ではなく絵画的なデザインの「定番」として昇華していったのです。

友禅風のデザインをするために当時からの技術の柱であった、糸目糊いとめのりと巧みな色挿しによる染色は、現代の友禅に真っ直ぐ通じる要素といえます。

今では友禅といっても「宮崎友禅」の名前は連想されるものではありません。あまりにも友禅染めが技法を超えて人々に一般化されてきたので、いつからか彼の名前が出てくることがなくなったのでしょう。

友禅染めと禁令

江戸時代前期から中期にかけて、友禅染めを筆頭に染織において著しい発展がありましたが、それにともなって、ぜいたく(奢侈)を戒める目的で衣類に対する禁令がしばしば出されました。

天保三年(1832年)に発令された下記の禁令には、女性が着用する金紗などの絹織物や、鹿の子絞りのでこれ以上絞る余地をなくした「惣鹿子そうかのこ」模様を禁止したり、そもそも新しく仕立てたりするのを禁止したりしています。

「女衣類別禁之品々、金紗、縫、惣鹿子、右之品、向後女之衣類に制禁之、惣て珍敷織物めずらしきおりもの染物新規に仕出候事無用たるべし、小袖の表壱端に付け弐百目より高値に売買仕まじき者也」参照:高田倭男著 『服装の歴史』

当時の支配者であった武家よりも、町人の方が贅沢な衣服を身につける傾向が、武家の権威維持にとって好ましくなかったという理由から禁令が出されたとも考えられます。

厳しい禁令がさまざま出ることで制約が生まれますが、金銀の箔置の代わりに金銀の糸をつかった刺繍を採用したり、摺匹田すりひつたといった型染めによって鹿の子絞りを代用したりと、制約をさまざまな工夫を凝らして乗り越えることで友禅染めの普及が行われたのです。

「ゆふせん」と友禅染(ゆうぜんぞめ)は別物

絞りによる染物は「ゆはた」や「ゆふ」といわれ、「ゆふせん」という名称が、絞り染めによる柄付けの意味で使われていた時代があります。

ちなみに「ゆはた」は、漢字で纈と書きます。

友禅染と日本古代の「ゆふせん」は、模様染めという点は一緒ですが、それ以外は全く別の種類の染めです。

明治に入り、型友禅が登場し量産が可能になる

明治時代に入り、化学染料の使用が増していくなかで、とくに注目された染色技法が「型友禅」です。

明治9年(1876年)頃、化学染料に糊を混ぜた色糊いろのり、いわゆる写し糊が発明されました。目的に応じて色糊を選び、型紙をつかって模様をるため、型友禅と呼ばれました。

手描きの友禅染めの冴えた美しさに対する評価は当時も変わらなかったようですが、型友禅の染色技法によって、手書きで細い線や輪郭線を糊を使用し描いていた従来の手間がかかる友禅染が、非常に簡単な方法で量産できるようになりました。

量産できるようになったということは、写し糊と型を使う型友禅の登場した頃から、友禅染めが比較的安価で入手できるようになったのです。

参考文献:『日本の染織 5 友禅染 (京都書院美術双書)』高田倭男著 『服装の歴史』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。