デザイン」カテゴリーアーカイブ

丹波布とは?柳宗悦に見出され、木綿を主体に絹が緯糸に使われた交織布

丹波布たんばぬのと呼ばれ、親しまれている織物があります。

丹波布とは、現在の兵庫県氷上郡青垣町佐治ひかみぐんあおがきちょうさじ地方を中心に、幕末から明治中頃にかけてのみ盛んに織られました。

木綿を主体に、緯糸に絹糸を織り込んだもので、産地の佐治では「縞貫しまぬき」と呼ばれ、他の織物とは区別されながら発達していきました。 続きを読む

名物裂とは?金襴、緞子、錦、繻珍、風通、金羅、金紗、印金、間道、天鵞絨、モール、更紗について

特色ある染織品を、名物裂めいぶつぎれと呼ぶことがあります。

名物裂は、鎌倉時代から江戸時代初期にかけて主に中国やインド、ベルシャや東南アジアから渡来した絹織物の呼び名のひとつです。

名物裂と名付けられ、尊重されるようになる織物との関係が深いのが「茶の湯」です。 続きを読む

紋付の紋の起源と歴史。武家、公家、町人の家紋と紋の位置について

紋というと、基本的に「家紋」を表し、代々その家に伝わる家の印として、家系や個人を識別し、その地位を表すために使われてきました。

紋には、正式の紋と略式の紋があり、略式の紋は正式の紋の一部であったり、全く別の簡単な図柄を使うこともあります。

紋はもともと武家の男子に用いられていましたが、江戸時代中期以降に、武家の女子にも使い始められ、彼女たちの小袖の背中と両袖に一つずつ染め抜かれるようになりました。 続きを読む

絣(かすり)の歴史。日本の庶民に愛された絣文様

江戸時代後期から明治、大正、昭和の時代にかけて、庶民の間でとりわけ親しまれたものに絣があります。

絣とは、経糸か緯糸のどちらか、あるいは経糸と緯糸の一定部分を、糸や布などで括ったり木の板で挟むことによって防染して染めた糸を使用し、織り文様を表現したものです。

織物の組織としては、絣は平織りと繻子織りしゅすおりにみられます。
続きを読む

小紋とは?

江戸小紋という言葉を聞いたことがある方もいるかと思いますが、そもそも小紋とはどのような意味でしょうか。

紋という言葉は、単一または反復文様を表し、一般的には秩序立って乱れがなくきちんと並んでいる様を表す文様です。

小紋は、文字通り小形の紋様の集合を一定の間隔で繰り返し表した染め物をいいます。 続きを読む

江戸時代、日本各地で生産された有名な織物、染め物一覧。『毛吹草』『女重宝記』の文献から

江戸時代(1603年〜1868年)に入ると、染織技術の向上によって、日本各地で特色のある織物や染め物が生産されるようになりました。

1638年に松江重頼によって出版された『毛吹草けふきぐさ』、また、1692年に艸田寸木子によって出版された『女重宝記おんなちょうほうき』には、かなりの種類の織物や染め物が記載されています。

『毛吹草』から見る日本の織物、染め物

まず、松江重頼によって1638年に出版された『毛吹草けふきぐさ』には、日本各地で生産されていた織物染物が記載されています。

下記一覧は、髙田倭男著『服装の歴史』から参照しながら記しております。 続きを読む

武士、侍(サムライ)はどのような衣服を着ていたのか?武士の装いの歴史について

武士、侍はどのような衣服を着ていたのか?

その歴史は、律令制の崩壊を象徴する承平天慶しょうへいてんぎょうの乱(931年〜947年)が起こった平安時代中期から、慶応3年(1867年)大政奉還によって武士の公服として着用されてきた上下かみしもが撤廃されるまでの約10世紀にわたります。 続きを読む

能装束の種類や特徴、意味について

能装束のうしょうぞくは、日本の伝統芸能の能演に着用される衣装の総称です。

老松おいまつが描かれた木の板を鏡板かがみいたと言いますが、鏡板を背景とする簡素な舞台の上で、なおかつ最小限の動きで演じられる能にとって、衣装は非常に重要な意味を持っています。

能装束は、単に着飾るための衣装ではなく、役柄の身分や年齢、性格、そして心情を語る大切な要素となっているのです。

横浜能楽堂 舞台正面

横浜能楽堂 舞台正面,yoshi_ban, CC BY-SA 3.0 , via Wikimedia Commons,Link

続きを読む

なぜ振袖は、袖が長くなったのか?振袖の装飾技法と模様について。

振袖とは広い意味で、身頃(体の前面と背面を覆う部分)と袖の縫い付け部分を短くして、「振り」(袖つけより下の袖の部分)を作った袖のこと、もしくは「振り」をもち小袖形の衣類全般を指します。

振袖の”ようなもの”は、室町時代(1336年〜1573年)から安土桃山時代(1573年〜1603年)にかけて、当時の文献や肖像画からみてとれます。

着用しているのは、もっぱら子供や若い女性ですが、当時はまだ「振袖」とは呼ばれず、袖も現在のように長くはありませんでした。

機能面では袖の下の一部分を解くことで、空気が通りやすくして暑さを逃がすという実用的な面もあったようです。

なぜ振袖は、袖が長くなったのか?

振袖は装飾が美しいというイメージはあると思いますが、歴史的にその際立った染織美を発揮するようになったのは、袖丈が伸びていく過程とほぼ一致しているとされています。

機能的な面から言えば、袖が長くなることでプラスになる面は、そんなに多くないでしょう。顔を隠しやすくなることはあっても、動きやすくなるという点は考えにくいです。 続きを読む