小紋とは?


江戸小紋という言葉を聞いたことがある方もいるかと思いますが、そもそも小紋とはどのような意味でしょうか。

紋という言葉は、単一または反復文様を表し、一般的には秩序立って乱れがなくきちんと並んでいる様を表す文様です。

小紋は、文字通り小形の紋様の集合を一定の間隔で繰り返し表した染め物をいいます。

戦国時代以降に、素襖の流れをくんで、生まれた裃(かみしも)という着物に用いられ、染め物ではありますが、表現は織物的な性格もそなえています。

細かい小紋は、地味な渋さを表し、図形的な表現による気高さや上品さ、丸い点の配置や連続によって点描のなんとも言えない味わいを表現したりとさまざまです。

町人の間では、文様のテーマには色々な変化があり、なかには八百屋の店先に並べられた野菜まで使われていました。

一色の地色に対して、紋様を白抜きすることで、すっきりとあか抜けているようなお洒落さがある表現でき、その美しさが江戸町人に好まれたのでしょう。

型彫りが染屋の手を離れて専業に

もともと型染めに使用する型紙は、染め屋が自分で彫るものでしたが、型紙を使用して染める型染めの文化が広がるにつれて、型彫り屋が生まれてきます。

型彫りが独立した専業になると、型を彫るという技術が染め屋の型付けの技術から独走して、いかに細かく彫るかという方向に向かっていきました。

型紙といえば伊勢型紙が有名ですが、江戸時代末期から明治初期にかけて、並の染め屋の腕ではどうにもならないほど優れた伊勢型紙が数多く生まれました。

分業によって生まれた技術の頂点ともいえ、小紋染めにもその美しさをみつけられますが、技術と美しさが切っても切り離せない関係であると同時に、美しさが逃げてしまっているものもあります。

技術の歴史を見ると、初期の仕事は粗く、上昇期に入ると次第に繊細になり、崩壊期にかかると荒れて略式化されていきます。

初期のものと、崩壊期の粗さは混同されがちですが、技術の性格が全く異なるので区別しなければなりません。

染め物は、技術によって美しくもなり、酷くもなるのです。技術の持つ要素は、非常に複雑なのです。

参考文献:『服装の歴史


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です