染色・草木染めに適した水とは何か。


染色に適した水とは、どういうものなのでしょうか?

先人たちの知見から、参考になりそうなものを引用していきます。

普通の染であれば、水道水をアルミニウムの釜で一度わかしてから使用するとよい。

カルシウムイオンを含んでいる水では、美しい色の出ることが多く、アルミニウムのイオンを含んでいる水までは同様に使用できる。

京都の桂川水系はマンガン分を含んでいるので、桂川付近の井戸水もよくない。前田雨城著『日本古代の色彩と染


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です