染色・草木染めに適した水とは何か。


染色・草木染めに適した水とは、どのような水なのでしょうか。

先人たちの知見から、参考になりそうなものを引用していきます。

前田雨城 (著)『日本古代の色彩と染

普通の染であれば、水道水をアルミニウムの釜で一度わかしてから使用するとよい。

カルシウムイオンを含んでいる水では、美しい色の出ることが多く、アルミニウムのイオンを含んでいる水までは同様に使用できる。

京都の桂川水系はマンガン分を含んでいるので、桂川付近の井戸水もよくない。『日本古代の色彩と染

予定されている色彩によっては晒の場所を選ぶこと。灰汁媒染ならば、アルミニウムやカリウム、カルシウムのイオンの存在する水流を、鉄媒染(泥媒染も)ならば、鉄イオン(鉄塩ではない)のある水流を選ぶと、後の染色によい結果が得られる。『日本古代の色彩と染

岡村吉右衛門 (著)『世界の染物

使用する水が硬水の場合、染料が溶けきらず、小さな粒子のままであり、軟水に入れると流れだして汚れる場合も多い。鉄分を含んだ水で染めると色が燻むくすむこともよく経験する。『世界の染物

天然染料の水洗い

天然染料で染めたものは、同一の媒染剤で発色している場合は問題ありませんが、部分的に媒染剤が異なっている場合は、充分に注意を払って水洗いする必要があります。

ミョウバンやすずなどで染めた鮮明色は、鉄やクロムなどで併用した媒染剤の影響を受けて、色の冴えが失われる可能性があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です