伝説の綿織物、ダッカ・モスリン。


今では伝説として語り継がれていますが、現在のバングラデシュの首都ダッカでは、高度な技術によってつくられたダッカ・モスリンという伝説の織物がありました。

今、現存するものはロンドンのヴィクトリア・アルバート博物館で保存されているようです。

バングラディッシュは、インドから独立した国なので、イギリスが植民地統治をしている以前は、インドの綿業の中心地であり、その生産量や染色技術においてももっとも世界で進んでいたと言われます。

当時はもちろん機械がなく手工業だったので、糸は手紡ぎされていましたが、その糸が非常に細く、それをもってして薄い織物を織っていました。

インドで手つむぎをイメージすると、ガンジーが糸車を回している有名な写真を思い起こしますが、当時細い糸を紡ぐときも、早朝に霧の立ち込める川のほとりで糸車を回し、指先に油をつけながら紡いだといわれています。(早朝の霧、そして川の近くで湿気っぽい場所が、糸をつむぐのに適していたのでしょう。)

その生地の薄さについて、さまざまな逸話が残っているようで、インドの伝統的な民族衣装であるサリーを丸めると手のひらにおさまってしまうほど小さくまとまると言われたり、王女が月夜にベランダに出ているのを王様が部屋からみたら裸に見えて、王女を叱ったという話もあったようです。

そんな伝説的な織物ですが、イギリスの植民地化によってはかなく散っていきました。

世界最高峰の綿市場があったインドに入り込んだイギリスでしたが、到底その技術や品質において、インド市場に打ち勝つことはできません。そこでイギリスがとった行動は、インド人の職人の技術をこの世からなくすことでした。

手工業の歴史を辿るとその当時の出来事がみえてます。ただ、そこに悲惨な事件が数多くあったということも、理解しておかないといけないと感じます。

参照:伝説の薄布「ダッカの霧」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です