ヨーロッパ人を魅了したインドの綿織物であるキャリコと、産業革命の深い繋がり。


インドにおけるキャリコ(calico)と呼ばれた平織りの綿織物が、17世紀終わり頃からヨーロッパに伝わり、人々を魅了しました。

インドのカリカット(現在は、コージコード)から主に輸入されていたことから、キャリコやキャラコと呼ばれるようになり、素材的には日本でいう金巾(かなきん)に近く、平織りで織られ、軽くてしなやかさがあるのが特徴でした。カーテンやシーツ、そして肌着等にも適していたそうです。

もともと、ヨーロッパには綿花の栽培と綿工業がなかったので、インドからやってきた綿織物が、人気を博すのは必然でした。人々に愛されたキャリコですが、その歴史をたどってみると、イギリスの産業革命と、その背景にあった悲しい歴史がみえてきます。

綿織物がヨーロッパに与えた衝撃

ヨーロッパには、イギリスを代表とする羊毛工業で栄えた国が数多くあります。「羊が人を食う」といったエンクロージャー運動が起こったことを、歴史の教科書で学んだのを覚えている方もいると思います。

毛糸を編んだり織ったりして衣類をつくったので、毛織物がヨーロッパ人にとっては慣れ親しんだ衣類だったのです。

麻のような、植物性繊維もなくはありませんでしたが、綿は特に、ヨーロッパのような寒い地域では栽培できなかったので、ヨーロッパ人には馴染みがなかったのです。

だからこそ、インドから質の高い綿織物が伝わってきたのが、ヨーロッパ人にとっては大きな出来事だったのです。『産業革命の偶像 角山 栄著』には、以下のような記述があります。

イギリスの東インド会社がインドから輸入した美しくて、はだざわりのよいキャリコはヨーロッパ人を魅了した。女性はたちまちドレスにもってこいだとしてざわついた。部屋のカーテンにもうってつけだったし、白い綿布はベットのシーツやカバーにもなるし、肌着にしてもよかった。その上、インドの低賃金でできたから、値段も安く、大衆の間にしだいに広がり始めた。

綿織物の幅広い用途と使いやすさに、当時の人々はさぞかし驚いていたのでしょう。

奴隷を手に入れるために、キャリコを売る

瞬く間に大衆に広がっていた綿織物でしたが、業者にとっては大打撃。その結果、イギリスでは東インド会社がもってくるキャリコの使用が禁止されることになりました。

イギリスではキャリコの国内輸入は禁止されていたものの、それを横流しして他国に売ることはしていました。その当時、奴隷貿易が盛んに行われていたので、キャリコとアフリカ大陸の人々が「交換」されていたのです。

奴隷とは ジュリアス・レスター著』には、こんな悲しいエピソードがあります。

「アフリカでは、こぎれいなものといってはほとんどなかったし、それに赤い色の布は全然なかったんだよ。じっさい、布なんかまったくなかったんです。ある日のこと、青白い顔をした見知らぬ人たちが何人かやってきて、赤いフランネルのちいさな切れっぱしを、地面に落っことしたんです。

黒人たちはだれもかもが、その切れっぱしを取りあいました。つぎには、もっと大きな切れっぱしが、もうすこしさきのほうで落とされました。で、こんなふうにして、とうとう川のところまでやってきたんです。するとこんどは、大きな切れっぱしが川の中とその川の向こう岸に落とされました。

落とされるたびにその布切れを拾おうとしながら、みんなはだんだんとさきのほうへ誘われていったのです。とうとう船のところにまでたどり着いたあとき、おおきな切れっぱしが、舷側から突き出した板のうえと、もっと先の船のなかに落とされました。

こんなぐあいにしてついに、おおぜいの黒人たちが、積めるだけその船に積みこまれました。すると、船の門が鎖をかけて閉められ、もう誰ももどれなくなってしまいました。

こんなふうにして、アメリカへ連れてこられたんだよ、とジューディスおばさんは言います。」

タバコ、銃、砂糖、酒、そして綿布をアフリカへ送り奴隷を手に入れ、その奴隷を西インド諸島の植民地に労働者として送る。そして物資がイギリスにもどってくる。三角貿易と言われたこの物資の流れに、インドのキャリコも含まれていたのです。

イギリスの産業革命が綿工業から始まった理由

イギリスの産業革命は、綿工業から始まったといわれます。

上記の文章を読まれれば、わかると思いますが、もともとイギリスで綿工業が盛んで、機会が導入されたことによって生産性が急上昇したという簡単な話ではありません。

背景にはインドの綿織物の貿易がきっかけとなり、植民地での綿花栽培、そして国内需要に答えるための結果としての大きな技術革新があったのです。

インドの綿市場を潰したさらに悲しい歴史

イギリスの綿工業が始まった、18世紀初め頃、その最大の競合はいわずもがなインドの綿工業でした。

植民地でつくった原綿を使って、イギリスで作った綿布ですが、キャリコのような美しくて、値段の安いものを作らなければ勝つことができません。

そこで、インド市場に入り込むためにもイギリスがしたのは、インドからの輸入阻止や高い関税を課すこと、そしてインド人職人の技術をこの世から奪い去ることでした。

以上を簡単にまとめると、以下のような流れとなります。

東インド会社がキャリコを輸入→イギリスの羊毛産業が綿需要に圧されピンチ→キャリコの販売禁止→インド作られた綿生地で、奴隷貿易→綿花を輸入し、イギリス国内で加工→国内の綿需要が飽和→インドで売りたいが、クオリティーや価格で負けてしまう→関税を高く設定したり、インドの職人を殺すことで、イギリス産の綿製品を優位性を保ち、インドの綿市場を取りにいった。

関連記事:伝説の綿織物、ダッカ・モスリン。

キャリコという美しい綿織物がありましたが、それをめぐる出来事には、さまざまな悲しい過去があったのですね。

17~18世紀ごろにインドで生産されていた布は、どこかインドの資料館のようなところに保存されているのでしょうかね。歴史に思いを馳せながら、実際に当時のものを見てみたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です