生機の加工、精錬、毛焼き、糊抜き、漂白等。P下、下晒し生地とは何か。


織り機や編み機で、出来上がったばかりの生地のことを、生機(きばた)や原反(げんたん)といいます。

そのまま、未加工で使用する場合もありますが、油脂や繊維のカスなどの不純物が混在していることが多いので、何かしらの加工をしてから商品として出されます。

標準的な、加工の順序は以下の通りです。

生機の加工

生機→①ミシン掛け→②毛焼き→③糊抜き→④精錬→⑤漂白→⑥シルケット→⑦染色→⑧特殊加工→仕上げ

 

①ミシン掛け 細切れではなく、連続する生地にして加工が楽になるように、ミシンで布地をつなぎ合わせます。

②毛焼き 未加工の生機の表面には、無数の短毛が出てます。短毛があると生地の光沢を悪くし、染色加工の際の効果も良くないので、ガスの炎や電熱で短毛を焼いて取り除きます。毛焼きをすることで、表面が滑らかになります。

③糊抜き 織りあがったばかりの生地は、糊が付いていてパリパリです。そのため、織る前に経糸につけられた糊を、酸化糊抜き剤や酸素系糊抜き剤を使用して洗い落とします。

④精錬 苛性(かせい)ソーダやソーダ灰などのアルカリや界面活性剤を溶液に浸して、一時間ほど蒸すなどして、綿繊維にむくまれている蝋分(ろうぶん(油分))や、紡績の過程で付着したワックスや機械油などを取り除きます。不要な油分は、染色加工をする際のトラブル原因になります。

⑤漂白 綿繊維に含まれる色素不純物は、精錬の過程ではすべて取り除くことはできないので、酸化剤や還元剤を使って色素を分解除去し、生地を白く加工します。生成りのような、もとの繊維の茶色が残っていると、染色の際に影響がでます。

綿繊維の漂白に関して古くは、灰汁に浸したり、天日干しを何度も繰り返すことで長く行われていました。ただ、この方法で布を白くするには、何ヶ月もかかったそうです。

1798年にイギリスのC・テナントによって塩素の漂白作用を利用した「さらし粉」が発明され、漂白技術に革命が起こりました。

⑥シルケット加工 苛性ソーダ溶液に浸して、引っ張りながら加工することで、綿繊維に光沢が出ます。詳しいことは、下記記事にまとめています。

関連記事:綿繊維の収縮を利用して、生地を加工する方法。マーセリゼーションとシルケット加工。

⑧特殊加工 生地加工の仕上げとして、用途によってさまざまな特殊加工がなされる場合があります。生地を毛羽立たせる起毛加工や、生地をあらかじめ収縮させる防縮加工、柔軟加工やコーティング加工など、多岐にわたります。

P下、下晒し生地

P下や下晒しという言葉があります。

P下とは、プリント下生地の略で、その名の通り、プリントする前の白生地のことを言います。P下表記がある場合は、漂白し、余分は樹脂などが除去されて、プリントや染色ができることを表しています。

下晒し(さらし)という言葉は、馴染みがない人も多いかと思いますが、繊維に含まれる色素を除去して白くする事です。漂白と同義と考えていいでしょう。

晒していない(未晒し)、自然そのままの色合いを生成りといい、その茶色や黄色っぽさは素材独自のあたたかみを感じます。染色によってあえて、生成り色を出す場合もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です