糸の撚り(より)の強さは品質にどう影響するか?甘撚りと強撚の特徴。


1本の糸をつくるためには、一本から複数の糸をねじりあわせることで撚り(より)をかける作業が必要です。

撚りの方向には、左撚り(Z撚り)と右撚り(S撚り)がありますが、一本の糸のみでつくられた単糸は、基本的にZ撚りです。

この糸の撚りについて考えるというのは、すごく重要です。なぜなら、撚りかたによって、糸の強度、肌ざわりや風合いに大きく影響するからです。

撚りの強さによって、甘撚り、普通撚り、強撚(きょうねん)などと区別しています。普通撚りは、普通の織物用の糸として使われますが、甘撚りと強撚の特徴は以下のとおりです。

甘撚りの特徴

撚りが甘い(甘撚り)の特徴としては、

・手触りや風合いがやわらかくあたたかさを感じる

・手編みの糸として適している

・強撚糸(きょうねんし)と比べて強度が低い

などが挙げられます。撚った糸と糸の間に空気がはいる隙間があるので、その隙間が空いているほどフワフワ感は感じられます。毛糸をイメージしていただけると、わかりやすいでしょう。

ニットの糸やタオルの糸などは、甘撚りが多いです。

強撚(きょうねん)の特徴

糸の撚りが強い強撚の特徴としては、

・手触りが固くなりシャリ感を感じる

・糸の強度が高い

・水気を吸収しやすくと早く乾きやすい

・撚りが強いほど、染色の発色が濃く見える

などが挙げられます。ニットは甘撚りの糸を使うことが多いですが、夏場のカットソーなどは、強撚糸を使用することで、清涼感にすぐれ、汗ばむ夏場に適した衣類となります。

クレープ生地用の緯糸や、ボイル生地用の糸にもよく使われます。

ジョーゼットや綿ちりめんも、強撚糸を使い、独自の表面効果を出しています。緯糸に強撚糸を使って織り、仕上げ工程で水を通し、撚りが戻ることによって縮む性質を利用して独特のシボを出したものになります。

糸の強度と撚りの関係性

上記でも述べたように、糸に撚りをかけることによって、強度が高くなります。撚りをかけることで、繊維がそれぞれ摩擦抵抗し(繊維間の摩擦が大きい)、糸としての強度ができるのです。

ただ、撚りをかければかけるほど良いというわけでもなく、綿糸の場合は撚りの係数が4.0から5.0ぐらいまでが最大の強度で、それ以上撚りをかけると、逆に強度が低くなるそう。

一般家庭で使われるような標準的な糸は、そのもととなる糸(原糸)に適した撚りがかけられています。

天然撚りとは

繊維を撚ることで、糸をつくっていきますが、そもそも繊維自体にも天然の撚りがあります。

例えば、綿繊維ですと、繊維の太さや長さは品種によって異なりますが、顕微鏡で観察してみると凹凸が少なく、ひらべったいリボンのような形をしており、ところどころでよじれています。

このよじれを天然撚りと言いますが、天然撚りがあることで、糸に紡げばしっかりと絡み合うのです。

糸の弾力性や強度に非常に影響を与えるので、製品にしたものがほつれたり、型崩れしづらかったりというのは、天然撚りが大きく関係しているとも言えます。

撚りの特性を生かして、素材を生かす

意匠撚糸(いしょうねんし)や飾り撚り糸ともいいますが、異なる複数の糸を組み合わせたり、撚り方を工夫して糸にすることで、生地の表面にいろいろな表情を出すことができます。

細糸と太糸、撚りの違う糸を違う糸を撚り合わせたり、繊維の違う糸を撚り込んだり、撚り合わせる糸の速度を変えたりするなどのさまざまな工夫がされています。

例えば、以下のような糸です。

・節のある糸(雲糸、スラブ糸)

・粒状の飾りがところどころにある糸(ノップ糸、エクセンノット糸、星糸など)

・わなのある糸(ループ糸、角糸など)

・特殊な色効果をもつ糸(おぼろ糸、杢糸(もくいと)など。※杢糸とは、晒してある糸と色糸、あるいは色糸同士を2本~3本撚りあわせたもので、布地にすると霜降りの効果を出す。

普段着ている洋服も、実は糸を撚るところからこだわってできているものがあるはずです。糸の撚りを知ることで、普段見ている生地や着ている布にも興味が湧いてきますね。

参考文献:『なぜ木綿?綿製品の商品知識  日比暉』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です