素材」カテゴリーアーカイブ

木材パルプと非木材パルプ。木材からつくる繊維、レーヨンとキュプラ。

パルプは、原料の違いから木材パルプと非木材パルプに分けられます。

紙の原料として知られていますが、再生繊維のレーヨンやキュプラの主要な原料でもあります。1892年、イギリス人によって木材パルプを原料にレーヨンが発明され、これから人工的な繊維が実用的に使用されるようになりました。

レーヨンやキュプラは、木材から取れるセルロースやコットンリンター(綿花を採取した後の種子の表面に付いて残っている繊維で、繊維長が短く紡績用には向かない)を溶かしてから固めて繊維状にしたものです。

化学的な組成は、綿や麻などと同じです。

木材パルプ

木材パルプは、木の幹の樹皮を取り除き、そのままチップ化したものに、機械的、科学的、あるいは複合的な処理をしてつくられます。

原料の木材は、針葉樹と広葉樹共に使われますが、針葉樹のパルプは繊維が長く丈夫であるのに対して、広葉樹は繊維が短くきめ細かいパルプができます。

非木材パルプ

非木材パルプは、アフリカが原産地とされる一年草のケナフが挙げられます。生長は非常に早いのが特徴で、100日から125日で成熟し、高さ 1.5m~3.5m、茎の直径 1~2cmになります。

ケナフは繊維を目的として、インド、バングラデシュ、タイ、アフリカの一部、ヨーロッパの東南部など、世界中で古くから栽培され、栽培品種は約200種ほどあるとされています。

木材パルプに比べて一般的に繊維が長く、その特性を生かして和紙や薄手の紙に使用されることが多いです。

生産効率に関しては、原料の集荷や集積が効率的でなく、大規模の製造もされていないため、木材パルプと比べると、高価です。

また、サトウキビの汁を絞ったあとに出る繊維がバガスと呼ばれ、バガスを原料としたバガスパルプは、植物パルプとしてはわらに次ぐ年間約370万トン(約16%)が生産されているようです。

「繊維の宝石」カシミヤは何がすごいのか。

カシミヤを使った衣類と聞くと、高級なイメージが湧いてきますが、いったいカシミヤの何がすごいのでしょうか。

カシミヤは「繊維の宝石」と呼ばれ、長い歴史の中で常に高品質な繊維としての高い地位を維持してきました。

カシミヤと呼ばれるのは、インド北西部の高山地帯のカシミール地方に生息しているカシミヤヤギに由来があります。 続きを読む

藍作・藍染と木綿の深いつながり。共に発展し、衰退していった歴史。

明治8年、イギリスの科学者であるアトキンソンが来日した際、日本人の暮らしの中に、青色が溢れていることを知りました。1875年、いまから約150年前です。

全国の至る所で見られる藍染の布をさして、ジャパンブルーと最初に呼んだのが彼だとされます。

日本中の庶民にとって大切にされてきた、藍染の衣類。藍染が日本に広がった理由として、木綿とのつながりは切っても切り離すことができない歴史がありました。 続きを読む

和綿が衰退した歴史。産業の近代化の波に飲まれ、輸入綿を原料に、和綿が切り捨てられる。

木綿は、16世紀には国内での栽培が広まり出し、17世紀初頭ごろには飛躍的に発展していきました。

庶民の日常的な衣服となり、江戸時代の経済と政治において、一貫して重要な役割を果たしていました。しかし、明治維新を経て、殖産興業政策のもとで、決定的な打撃を受けることになります。

殖産興業政策とは、明治政府が西洋諸国に対抗し、機械制工業、鉄道網整備、資本主義育成により国家の近代化を推進したさまざまな政策のことを指します。

明治政府は、産業の近代化を「輸出振興」「輸入防遏(ぼうあつ)」という国家のスローガンを掲げ、輸出輸入の両面から綿業は、中核的戦略産業として位置づけられました。

外国の質の高い綿糸・綿布が国内に入ってこないように、綿業の近代化は国家的な課題とされていたのです。 続きを読む

日本の綿花栽培・木綿生産が普及した歴史。苧麻が、木綿に取って代わられた理由。

江戸時代に流通した主な商品は、米を抜きにして考えると、木綿・菜種・干鰯(ほしか)・酒・材木・藍などが上位を占めました。

江戸時代以前、木綿が大陸からやってきて広がっていく前は、日本において苧麻(からむし)を原料にした布が一般的に生産されていましたが、戦国時代から江戸初期にかけて、木綿が爆発的な普及したとされます。

理由としては、大きく2つ挙げられます。 続きを読む

編むとは何か?ニット製品の特徴と特性を理解するとおもしろい。

私たちの生活のなかに、ニット製品は当たり前のように溶け込んでいます。

たた、手編みのマフラーを編んだことがあるような人は、その原理がわかるかと思いますが、馴染みのない人にとっては、そもそもどうやって編むのか理解するのが難しかったります。

そもそも編むとはどういうことなのか、また織物と比較してどんな特徴があるのでしょうか。 続きを読む

日本の編み物の歴史。南蛮貿易時代からニット生産の近代化、メリヤスからニットへ。

日本の編み物の歴史は、1592年ごろにポルトガル人やスペイン人によって、手編みの靴下や手袋などがやってきたことが始まりとされています。

南蛮貿易時代に、日本の編み物の歴史がスタート

その後、1596年〜1614年の南蛮貿易時代の文献には「メリヤス」という言葉が記載されています。

今、現存するものとしては、常陸水戸藩の第2代藩主であった徳川光圀(とくがわ みつくに)が着用していた綿とシルクの靴下がもっとも古いものとされています。柄編みの靴下で、再現を試みたところ、一足つくるのに機械編みで数日かかったそうです。

徳川光圀といえば、創作物語である水戸黄門の黄門さまその人ですね。 続きを読む

生機の加工、精錬、毛焼き、糊抜き、漂白等。P下、下晒し生地とは何か。

織り機や編み機で、出来上がったばかりの生地のことを、生機(きばた)や原反(げんたん)といいます。

そのまま、未加工で使用する場合もありますが、油脂や繊維のカスなどの不純物が混在していることが多いので、何かしらの加工をしてから商品として出されます。

標準的な、加工の順序は以下の通りです。 続きを読む

綿繊維の収縮を利用して、生地を加工する方法。マーセリゼーションとシルケット加工。

綿繊維は、苛性(かせい)ソーダをくっつけると収縮する性質があります。

そこまで厚みのない平織りの綿織物に、強アルカリの苛性ソーダ(水酸化ナトリウム溶液)を含んだ糊をプリントしたり、先に樹脂等で防染しておいてから苛性ソーダに浸けるかすると、苛性ソーダがついた部分が収縮して、その他の部分も自然な縮み方をします。

このように苛性ソーダをつかって生地に凹凸やしぼのある部分をつくることを、リップル(クリンプ)加工や塩縮加工(えんしゅく)いいます。

ストライプ状に加工すると、しじら織りのような凹凸感のある生地になります。

他に、綿の綿繊維の収縮を利用する方法にエンボス加工があります。

エンボス加工では、綿の布地に熱可塑性(ねつかそせい)の樹脂をしみ込ませた後、表面に模様を彫刻した金属製のローラーを加熱すると、立体的な凹凸模様をつくることができます。

熱可塑性とは、熱すると柔らかくなる性質を持つという意味です。

シルケット加工・マーセリゼーション

綿織物を引っ張りながら、苛性ソーダに浸ける処理加工することを、シルケット加工やマーセリゼーションと呼びます。

縮みを防ぎつつ処理することで,繊維がひきしめ、滑らかにするために絹のような光沢と感触を生じ,強さも増します。

一般的に光沢感があるかないかは、表面が平らでなめらかであればあるほど(平滑(へいかつ))高くなり、逆に表面がザラザラであるほど光は乱反射するので、つやは低くなります。