日本における絹(シルク)の歴史。人間が蚕と紡いできた歴史とこれから。


シルクの起源は、紀元前2650年前、古代中国の神話伝説時代の8人の帝王の一人で黄帝の妃である、西稜が繭(まゆ)から糸をとり出すことを考え、貴人などのそばに仕える女性たちに養蚕と製糸の技術を教えたことから始まったとされています。

殷代安陽期(紀元前1200〜1050年)に出土した甲骨文字の中に「蚕」「桑」「絹」「糸」に関する文字が見られることから、遅くとも殷王朝時代の中国では、(紀元前1600年頃〜紀元前1046年まで続いた中国最古の王朝)すでに養蚕が行われていたとされます。

長きにわたって技術は国外秘にされていましたが、絹織物は、古代ギリシャのアレキサンダー大王(紀元前356年〜紀元前323年)の頃から絹の交易の道であったシルクロードを通じて国外に輸出されました。

シルクロードは、長安からシルクロードの分岐点として栄えた敦煌(とんこう)、新疆(しんきょう)の砂漠を通り、一方はインドへ続きます。

もう一方はペルシャ、コンスタンチノープル(現在のトルコの都市イスタンブール)、そしてローマ、スペイン、フランス各地へと続きました。

紀元前4世紀にはインド、紀元前2世紀にはローマやギリシャの市場に中国からの絹布が登場しています。羊毛と麻しか知らず、シルクを産出しなかったヨーロッパでは、同じ重さの黄金と同じ価格で取引されたと言われています。

ヨーロッパの絹業は、紀元前550年頃、ペルシャの僧が中国から持ち出した蚕の卵から始まり、イタリア、スペイン、フランス、そしてイギリスへ広がっていきました。

日本における絹の歴史

日本における絹の歴史は、古墳からの出土品に弥生時代前期とみられる平織りの絹布が見つかったことから、紀元前の弥生時代までさかのぼります。

もともとは、百済(くだら)からきた渡来人が第16代天皇であった仁徳天皇に絹布を献上した4〜5世紀ごろとされてました。

仁徳天皇の孫にあたる第21代天皇、雄略天皇(ゆうりゃくてんのう)は、養蚕を広めようと織布技術を導入しました。その頃の奈良の都では、絹の官布を着た役人が都大路を歩いていたようです。

時は流れ、江戸時代になると、各地の大名も大いに養蚕を推奨し、山地に桑を植え、農閑期の養蚕によって農民の生活をうるおし、製糸や織物業を興しました。

そしてこの流れは明治、大正、昭和初期まで連綿と引き継がれていき、養蚕業の生糸生産高が昭和9年(1934年)に約4.5万トンと最盛期をむかえました。

生産量が増えたのは、養蚕技術の研究が進んだことが大きな要因です。

蚕の品種改良によって、世界一の高品質な絹に

蚕は、品種間で交雑するとその子ども世代の蚕は病気に強く、繭が大きく、発育がそろったりすることが研究でわかりました。

交雑種が親より優れた形質を示すことを「雑種強勢」といいます。

その特徴は、「繭と繭糸の長さー外山亀太郎先生ー」に以下のようにあります。

・産卵数が原種に比べて増加する

・孵化、幼虫の育成がよく揃う

・著しく強健になる。耐病性で飼育しやすく、不良環境に耐える。

・繭重、繭層重、収繭量が多くなる。

・繭糸織度が太く(吐糸口が大きい)、繭糸長も長くなる。

・同功繭歩合が多くなる(2頭で一つの繭を作るもので、糸がこんがらがって製糸に不向き)

純度が太くなる、同功繭が増えること以外はいいことばかりであることがわかります。

品種改良によって、日本の絹が世界一の高品質なものと言えるまでのものになったのです。

明治中期からは、技術が発達によって、製糸時の繭屑(まゆくず)や生糸にならなかった副繭糸(ふくさんぶつ)から絹紡糸がつくられてきました。

日本における養蚕の衰退

1935年ごろに生糸の輸出のピークを迎えますが、世界恐慌や第二次世界大戦、太平洋戦争によって生糸の輸出ができなくなり、絹の代替品となる化学繊維が発明され、日本の養蚕業は壊滅的になります。

戦後、需要に答えるかたちで徐々に養蚕業の復活を果たしていき、生産量も上がっていきますが、その後は世界経済の不況による価格の暴落、農業人口の減少、さまざまな化学繊維の普及によって絹糸が安価なものに代替されていきました。

手間と時間と労力がかかる大変な養蚕ですが、現代の日本各地では養蚕を復活させるプロジェクトが立ち上がり始めています。

あらゆるものごとにおいて、発達してきた現代において、蚕と人間が紡いできた歴史が再考されてきているのかもしれません。

これから新しい取り組みが、日本各地で生まれてくるのがたのしみです。

参考文献:『21世紀へ、繊維がおもしろい』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です