勝色と言われるような色目の布尾州紺木綿『江戸・明治藍の手染め』愛知県郷土資料刊行会

藍染における勝色の由来とは?武将にとって藍染は縁起の良い勝染めであった


藍は、古くから世界各地で使用され、人々に一番愛されてきたともいえる植物染料です。

日本人にとって、古くから藍染の青は身近な色のひとつで、全国各地に藍染をする紺屋こうやがありました。

明治8年(1875年)に、イギリスの科学者であるロバート・ウィリアム・アトキンソン(1850年~1929年)が来日した際、道行く人々の着物や軒先のきさき暖簾のれんなどを見て日本人の暮らしの中に、青色が溢れていることを知りました。

全国の至る所で見られる藍染の布を表現して、「ジャパンブルー(JAPANBLUE)」と最初に呼んだのが彼だとされます。

尾州紺木綿『江戸・明治藍の手染め』愛知県郷土資料刊行会

尾州紺木綿『江戸・明治藍の手染め』愛知県郷土資料刊行会

藍染された色は、一番薄い藍白あいじろから、一番濃い留紺とめこんまで、「藍四十八色あいしじゅうはっしょく」と呼ばれるほど多くの色味がありました。

それぞれの藍色に名前をつけて区別をしようと思えるほど、藍色を見る目を人々が持っていた・・・・・・・・・・・・・・・ともいえます。

藍染において、縁起の良いものとして「勝色かちいろ(かついろ)」という表現がありますが、これには由来があります。

いわゆる紺色よりもさらに濃く、青ではなく黒っぽく見えるほどの暗い藍色のこと勝色かちいろ(かついろ)と表現していました。

勝色と言われるような色目の藍染布,尾州紺木綿『江戸・明治藍の手染め』愛知県郷土資料刊行会

勝色と言われるような濃い色合いの藍染布,尾州紺木綿『江戸・明治藍の手染め』愛知県郷土資料刊行会

藍染における勝色の由来

竹内淳子(著)『藍(あい)風土が生んだ色』にて、藍染における「勝色」について、以下のような記述があります。

中世になって、藍色を搗色かちいろとか勝色かちいろ、または褐色かちいろと書いた。

これは藍染の染着をよくするために、染めあげた布を臼や板の上で叩いたので、それを「つ」といったことから、「つ」を「勝つ」にかけて勝色という文字を当てた。

色が堅牢けんろうなところから、また「勝」にあやかって武具に用いたのである。褐色威かちいろおどしがこれである。『藍(あい)風土が生んだ色

藍染における勝色の由来は、染める作業の過程における布を叩く動作のことを「つ」といい、そこからもじって勝色ともいうようになったのです。

八重鬼菊唐草文『江戸・明治藍の手染め』愛知県郷土資料刊行会

八重鬼菊唐草文『江戸・明治藍の手染め』愛知県郷土資料刊行会

武将にとって藍染は縁起の良い勝染めであった

また、『阿州藍奥村家文書 第五巻』に記載されている、「蜂須賀逢庵光明録」には、勝色について以下のような記述があります。

褐染かちぞめすなわち今の藍草を以て軍旗ぐんきを染め勝染かちぞめ祝稱しゅくしょうしてたてまつりしに果して戦勝を得られしより褐染かちぞめ勝染かちぞめしょうするに至れり吉例きちれい其後そのご飾磨しかまりて藍を杵臼しょきゅうきねうすのこと)にてかち染むるをもっ搗染かちぞめひしもれまたかち・・を勝つに通じて勝染かちぞめしょうするいたれりゆえに豊臣秀吉がの地をりょうせし祝賀しゅくがかち・・千反せんたんを織田信長にけんぜしといへるも搗染かちぞめ布なりき尋て酒井家のの地を治むるに及びてかちん・・・かみしもとな吉事きちじには藍染のものを用ひて君前くんぜん伺候しこうするを嘉例かれいとなせりもって古来武将ぶしょうが勝をいのりて藍染を勝染かちぞめとして祝福しゅくふくせしをも察するに足らん」『阿州藍奥村家文書 第五巻』「蜂須賀逢庵光明録」

上記の引用においても、藍染で染めた(褐色かちいろに染められた)軍旗ぐんきをもって戦に勝ったことから、縁起の良いものとして「勝染かちぞめ」と言うようになったとあります。

また、かちん・・・かみしもとなえ、藍染のものを用いて主君の前に伺うことがめでたい先例となり、武将が勝ちを祈って藍染を勝染かちぞめと言うようになったというようにも記載されています。

藍染することによる効果(堅牢性を高める、防虫・抗菌作用)

布を藍染で染めた理由としては、縁起が良くただ色が染まるだけではなく、藍染をすることで布自体の強度が高くなったり、防虫や抗菌効果があるとされる点も挙げられます。

関連記事:デニム・ジーンズの防虫、虫除け効果。天然インディゴにガラガラヘビが嫌った成分、ピレストロイドが含まれていた

蓼藍たであいは、秋になると紅または白い花をつけ、種子ができますが、この実は漢方薬になりました。

蓼藍(タデアイ)の花

蓼藍(タデアイ)の花

種子をせんじて煮詰め、服用すると解熱や解毒の効果があるとされていました。

また、新鮮な葉の汁は毒虫に刺された時に患部かんぶに塗るとれが引くといいます。

藍で濃く染めた布や紙は、虫除け、蛇除けの効果があるとされており、このことから経文きょうもんを書く紙を藍で染めたり、野良着のらぎに藍染の布が用いられたりしました。

実際に奈良時代の貴重な遺品として、東大寺二月堂には、藍で染めた和紙に銀泥ぎんでい経文きょうもんを書いた教典(二月堂焼教やけきょう)が伝えられています。

藍には抗菌作用があり、近年でも水虫やアトピー性皮膚炎に効果があるともいわれています。

サッカー日本代表も勝色をコンセプトに

サッカー日本代表は、SAMURAI BLUE(サムライ・ブルー)という愛称で親しまれており、チームカラーは青色です。

なぜ、青色のユニフォームが採用されたのについては、実ははっきりとした理由はわかっていません。

日本サッカー協会の公式サイトにおける「サッカーQ&A」にて、「なぜブルーが選ばれたかは不明です」と回答しています。

参照:ドキュメント|JFA|日本サッカー協会

ただ、以前にもユニフォームカラーのコンセプトとして「勝色」を採用していたりと、勝負服として縁起の良い勝色は歴史的に見ても日本人にあっているといえるでしょう。

【参考文献】

  1. 竹内淳子(著)『藍(あい)風土が生んだ色
  2. 『阿州藍奥村家文書 第五巻』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です