和紙を染める方法と色紙の歴史。漉染め、浸け染め、引き染め、吹き染めについて。


古くから日本において、色のついた紙が漉(す)かれていたことが知られています。

紙を染めるためには、さまざまな方法がありますが、漉染め(すきぞめ)、浸け染め、引き染め、吹き染めの大きく4つに分類することができます。

①漉染め(すきぞめ)

漉染めは、紙の原料となる繊維を先に染めてから紙を漉く方法です。

紙を漉くための浴槽を、漉き舟(すきぶね)と言います。

]漉き舟の中に染料や色の粉末をそのまま入れて繊維を染めながら、または染めてから紙を漉いていく方法と、繊維を先に染めてから、漉き舟にいれて漉き上げる方法があります。

漉染めの利点としては、直接紙に染めるよりも紙表面の荒れを防ぐことができます。

また、直接紙に染めつけるよりも色が退色しにくい(堅牢度が高い)ことが考えられます。

後染めされた生地よりも、糸染めされてから織られた生地のほうが、堅牢度が基本的に良いのと同じように、紙の表面だけではなく、組織内部の繊維までしっかり染まっているのが特徴でしょう。

藍染と漉染め

藍色の紙も、古くから漉かれていました。藍染と漉染めの相性は、あまり良いとは言えません。

繊維を藍で染めるためには、アルカリ性の高い藍の液のなかにいれなくてはなりませんが、藍染は液のなかで染まるのではなく、空気に触れて酸化することで発色するため、何度も染めるうちに繊維が液の中でバラバラになってしまう可能性があります。

また、染め上がった後も藍液に含まれる余分な不純物を落とす必要がありますが、その洗いでも繊維が荒れてしまうリスクがあります。

紙になったものを後染めする方が、簡単で手間もかからず経済的なのです。

色彩から歴史を読む』には、藍と紙すきについての記述があります。

薄縹色(うすはなだいろ)、薄藍色の料紙では、白紙を薄く藍に染めたり、薄い色に染めた繊維を漉き上げるのではなく、すでに藍色に染めた繊維を配合して、青色を出している場合がある。着色繊維の配合による呈色(ていしょく)のほうが、濃度調整と均一な着色が容易である。

上記の引用は、しっかりと藍色に染めた繊維を、染めてない繊維などと配合することで、薄い青を表現できると言っています。

たしかに、藍色に染めた繊維や染めた紙を繊維状に溶かし、未着色の繊維と混ぜて色を調節するということは、方法として考えられます。

②浸け染め・・・染料に浸けて染める

先ほど、藍染で繊維を染めるよりも、紙になった状態のものを染めた方が良いと書きましたが、紙になったものを染めることでも、荒れてしまうリスクがあります。

藍染の場合は、染める前にこんにゃく糊を紙に塗っておくと、荒れづらく、破れにくい和紙となります。

染めることで荒れてしまった紙を、木槌(きづち)などで叩く(打紙(うちがみ)をする)ことによって、表面が滑らかになり、ツヤがでて色味を変化させることもできます。

色彩から歴史を読む』からの引用です。

藍甕に浸けて、水洗いし、空気にさらすことを七度繰り返すと、楮紙の表面は繊維が毛羽立って荒れてくる。色味は紺色が深くなっている。その紙を濡らし、打ち締めると、紙は艶をもち、薄くしなやかになる。色味も変化し、いわるゆ茄子紺と言うべき紫味を表面にもつ紺色となる。うち紙処理前後での紺色の変化は、きわめて顕著である。

純雁皮紙を同様に染めても、楮紙ほど荒れない。藍は浸け染めのたびに重なり色が深くなって、そのまま茄子紺色となっていく。楮紙と雁皮紙では仕上がりが違うようである。

楮紙(こうぞし)は、楮(こうぞ)の樹皮繊維を原料として漉いた紙で、長期間の保存が効く丈夫な用紙として、長く和紙の代表的な存在とされてきました。

雁皮紙(がんぴし)は古くは斐紙(ひし)と呼ばれ、ジンチョウゲ科の植物である雁皮から作られ、丈夫で虫に食われにくく、独特の光沢があります。

繊維の種類によってそれぞれ特徴があるので、染まりやすさや染色の相性というのはやはりあるようです。

③引き染め・・・刷毛を使って色を塗ることで染める

刷毛を引いて染めることから「引き染め」と呼ばれます。

たくさん染めるためには、一番手軽な方法ではないでしょうか。

④吹き染め・・・染料を吹きつけながら染める

染料の液を、霧状に吹き付けることで色をつけます。

吹き付け方によって、ふき染め独特の色の変化を出すことができるでしょうし、型紙を置いた上から吹き付けることによって、様々な模様を表現できます。

上記の4種類の染色方法を踏まえた上で、先染め後染めを組み合わせたり、後染めした紙を繊維に分解して、再び漉き直したりと、アイデア次第でさまざまな表現を考えることができます。

色紙の歴史

奈良時代には、装潢師(そうこうし)という人々が、書物を書き写すために使う和紙の染色や紙継ぎなどを職業としていたようで、黄檗(きはだ)によって黄色に染められて紙がもっとも多くみられています。

奈良の正倉院に所蔵されている「東大寺献物帳、国家珍宝帳」には、もっとも多く黄紙が使用されており、虫に食われにくくするために染めたというのはもちろんあるでしょうし、中国から伝来した仏教や思想の影響もあるとされています。

平安時代から、主に女性の重ね着の配色美を襲色目(かさねいろめ)といい、その色合いと調和は、常に四季の草花や自然の色などに結びついていました。平安時代に生まれた女性の十二単(じゅうにひとえ)も、色を重ねることによって季節感を表現した代表的な衣装です。

衣装と同様に、手紙にも襲色目が利用されていたのです。紙に色をつけることのみの目的ではなく、さまざまな色紙をつなぎ合わせて一枚の紙を作ったり、模様を出したりと、もっとも色紙が活躍した時代とも言われています。

江戸時代からは、庶民の間でも日常的に色紙を使う人が増え、日本各地で着色された紙が生産されるようになりました。特に、茶色の紙が多く作られるようになったのです。

和紙に柿渋を塗ることで、防虫・防水効果や、和紙そのものの強度増し、染色のための型紙として必要不可欠であったことはよく知られています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です