草木染め・染色における灰汁の効用。灰から生まれる灰汁の成分は何か?


木や藁の灰に水や熱湯を加えてかき混ぜると、灰が沈殿したその上澄み液が灰汁と呼ばれるアルカリ性の液体になります。

古くから世界中で洗濯用の「洗剤」として広く使われていたり、日本ではお酒に混ぜてアルカリ性にすることで防腐や色つけ効果を求めたり、和紙や焼き物の製造などに活用されてきた歴史があります。

普通に生活していても、灰汁というものにふれる機会はないと思いますが、現代においても灰汁が活用されている分野があります。

染色における灰汁の効用

日本では、染料の色の調整のために、木灰そのものや灰汁が使用されてきました。

小泉武夫著『灰と日本人』には、以下のような記述があります。

染料の調整に木灰を使用する目的は、植物色素を木灰が有効に抽出しうること、木灰またはその灰汁中のアルミナ(酸化アルミニウム Al2O3)やケイ酸などが、色素成分と化学結合することにより、色彩を鮮明にし、これを固定して安定化がはかられること、灰や灰汁の種類や使用量などを変えることにより、系列色を数色多彩にあやつれることなどであります。

いずれにせよ昔の植物染料に代わって合成染料が使用される今日でも、助剤として灰汁を使用する場面も数多くみられます。

灰汁の濃さや種類を変化させることによって、色を調節するというのは非常におもしろいです。例として、紫草や柃(ひさかき)が、『灰と日本人』には挙がっています。

紫草で紫色を染めるのに灰汁の増減は、紫の持つ赤みや青みを加減することができますし、椿科の植物で紫色の小さな五弁の花を咲かせ、実は秋に黒紫色に熟する柃(ひさかき)という植物は、灰を用いて灰汁紫としますと、紫系統の色を多彩にあやつることができ、その椿灰汁は美しい八丈縞を染めあげることができます。

染色においては、灰汁は上記のように発色のための助剤のみならず、綿や麻などの繊維を白く漂白、精錬し、染め付けやすくする効果がある点も目を見張るものがあります。

関連記事:灰汁で布を白く晒す技術。奈良晒(ならざらし)はどのように作られたのか?

灰から生まれる灰汁の成分は何か?

灰汁は英語でLyeですが、これはアルカリ性のものという意味です。灰汁は灰の中の水溶性物質を、水を加えることで溶け出させたものですが、その成分は原料の木の種類や藁(わら)によって大きく違ってきます。

藁灰はphが低く、ゆっくりと成長していく広葉樹の木々などはphが高いのが特徴的です。

『月刊染織α1985年10月NO55号 特集ウールの染め方/毛糸の紡ぎ方』には、実際の灰汁の組成の例が掲載されています。

①藁の灰汁

(1)アルカリ成分・・・ 酸化カリウム(K2O)23.05%酸化ナトリウム(Na2O)11.72%、酸化カルシウム(CaO)0.33%

(2)金属成分・・・酸化マグネシウム(MgO)0.12%、酸化マンガン(MnO)0.30%、酸化鉄(Fe2O3)0.04%、酸化アルミニウム(AI2O3)0.36%

(3)アニオン成分・・・ 硫酸塩(硫酸イオン) (SO24-)0.01%、五酸化リン( P2O5)0.27%、二酸化ケイ素(SiO2)40.24%

②椿(つばき)の灰汁

(1)アルカリ成分・・・ 酸化カリウム(K2O)19.85%、酸化ナトリウム(Na2O)10.13%、酸化カルシウム(CaO)0.48%

(2)金属成分・・・酸化マグネシウム(MgO)0.22%、酸化マンガン(MnO)0.34%、酸化鉄(Fe2O3)0.17%、酸化アルミニウム(AI2O3)0.84%

(3)アニオン成分・・・ 硫酸塩(硫酸イオン) (SO24-)0.27%、五酸化リン( P2O5)3.30%、二酸化ケイ素(SiO2)10.38%

上記の成分一覧を見てわかるように、灰汁はアルカリ剤としてではなく、媒染剤として使う場合には、わずかに含まれているアルミニウムイオンや金属イオンが作用していることになります。

灰汁の種類によって媒染した染め上がりの色が異なってくるのは、藁灰の灰汁と椿灰の灰汁を比較してもわかるように、金属成分の含まれる量が違っているという点にあるでしょう。

藍の色を支配するのは灰汁である

江戸時代の書物『日本居家抄用、巻八』には、灰汁について次のような記述があるようです。

藍の色を支配するのは灰汁である。カシワ、ハハソ(柞:クヌギ、ナラの古名)などの生枝から作った灰(辛灰カラハイ)に蜆殻(しじみ)の灰を少し加えた灰汁を用いなければ良い染め上がりの色が得られない。

また、麻を洗うには綿実の灰汁が良く、絹を洗うには早稲藁の灰汁が適している。紫染めや茜染めにはヒサカキの灰汁を少し加えると変色しないなど…参照:『月刊染織α1985年10月NO55号 特集ウールの染め方/毛糸の紡ぎ方』

藍染における灰汁の大切さは現代にも通じるものですし、これが江戸時代に書かれたというから昔の人々の経験から生まれた知恵はすごいと思います。

ちなみ昔は藍染の原料の蒅(すくも)作りの最終段階で、灰汁を打つことがあったそうです。

阿波藍民俗史』には、こんな記述があります。

藍の水も終わって出荷前になると「あく打ち」をする。わが家の秘法かも知れない。一床三百貫、床に石油缶三、四缶のあく汁を打つ。あく汁は草木灰を水で溶かして煮つめたもので、あく屋から購入する。

量が多過ぎると上蒅でも赤味になるので量に充分注意しなければならない。手板すると粘りがあっていかにも上物らしく見える。上物はあまりあくを打たないが中物以下になるとあく打ちをする。

時によっては紺屋の注文ですることもある。あく打ちした蒅は藍建てが早いうえに充分発酵される利点があるので、藍商と紺屋の話し合いでするのである。

灰汁打ちをした理由としては、酸化アルミニウムやケイ酸などが、色素成分と化学結合することにより、色彩を鮮明にしたと上記で書いたように、蒅自体の色の照りなどの見栄えが良くなるという点はあったでしょう。※ケイ酸は二酸化ケイ素(SiO2)に水(H2O)を加えたものです。

藍建てが早いとありますが、灰汁を打つことで蒅そのものを事前にアルカリ性に近づけることによって、藍建ても早くなるのではないかと私自身は推測しています。

灰と灰汁の世界は奥深い

昔の人々の生活に、欠かすことができないかった灰と灰汁。

調べて見ると、非常に奥が深いことがわかります。実は、現代の食にも通じることがあり、伝統的な沖縄そばは、灰汁を使っているようです。

伝統的な沖縄そばは、小麦粉にアルカリ剤として木灰汁(モクアク)と塩を加えることにより作られる。麺の特性に影響を与えるのはカリウムイオン、硫酸イオンおよび鉄イオンであることが明らかとなった。また、カリウムイオンは麺の色の調整、硫酸イオンは旨味や口当たりの向上、鉄イオンはコシと複雑な味の付与といった効果があることがわかった。参照:『木灰汁(モクアク)麺の特性に影響を及ぼす木灰汁成分の検討』

衣食住に灰が使われてきたという、先人たちの知恵にただただ驚くばかりです。



2 thoughts on “草木染め・染色における灰汁の効用。灰から生まれる灰汁の成分は何か?

  1. Ryo

    記事を拝見させていただきました通りすがりのものです。
    灰汁について調べていたところこちらに辿り着きました。

    記事の中に「染織α1985年11月No56」から抜粋したと書かれているところがいくつかあります。
    灰汁の成分表などを知りたかったのでバックナンバーを取り寄せましたが、灰汁の情報を見つけきれませんでした。
    「花びら花染め」特集の号で間違いないでしょうか??
    もし号数など違いがありましたら是非知りたいと思いコメントさせていただきました。
    よろしくお願いいたします。

    返信
    1. iroai 投稿作成者

      コメントいただき、ありがとうございます。
      文献に関してですが、『月刊染織α1985年10月NO55号 特集ウールの染め方/毛糸の紡ぎ方 p61』からの抜粋でした。
      ご指摘の通り表記ミスがあり、申し訳ございません。
      本記事も、訂正させていただきます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です