紋付の紋の起源と歴史。武家、公家、町人の家紋と紋の位置について


紋というと、基本的に「家紋」を表し、代々その家に伝わる家の印として、家系や個人を識別し、その地位を表すために使われてきました。

紋は専ら武家の男子に用いられていましたが、江戸時代中期以降に、武家の女子にも使い始められ、彼女たちの小袖の背中と両袖に一つずつ染め抜かれるようになりました。

紋付の紋の歴史

紋付(もんつき)という言葉がありますが、紋付とは家紋の入った着物のことです。

紋付の紋の起源は、一般的に平安時代に社会的な特権をもった公家が用いた牛車に、それぞれの家の好みの文様を描いたことからとされています。

Japanese crest Owari mitu Aoi

尾張徳川家三つ葵の図例/Mukai, CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons,Link

ただ、牛車の文様は、家の誇りを示す意識という点では家紋の場合と同じだと思いますが、いわゆる「紋」の役割としての起源は、鎌倉時代以降の武家が同族意識を高めるため、または敵味方を識別するためにデザインし、使用しはじめたことと言えるでしょう。

武家の家紋

中世では、御恩(ごおん)と奉公(ほうこう)といったように、武家社会において主人とそれに使える従者が、相互に利益を与え合う互恵的な関係で成り立っており、その連帯感を強めるためには、家柄や家の誇りを紋という見える形で共有する必要があったのです。

武家の紋は、旗や盾、陣幕などの印として表され、戦国時代から盛んに衣類に付けられるようになったと推測されています。

例えば、現在の埼玉県熊谷市を本拠地とし、平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した武将の熊谷直実(くまがいなおざね)は、八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)の使いとされた鳩と、武士や庶民が好んで用いた寓生(ほや)を組み合わせて紋として、それを自分の着物にもつけたようです。

武家の紋には、熊谷直実のように具体的なデザインのほかに、ただ単に一、二、三などの数字や+、○のようなシンプルなものや、幾何学的な図形のようなものが用いられました。

公家の家紋

公家も武家の影響を受けた後に、家紋を使うようになりました。

皇室の御紋章である菊花紋は、後鳥羽天皇が菊を特に好まれたため紋章にしたという話もありますが、菊の花の形が美しく整っており、なおかつめでたいことが起こるという前兆(瑞祥)としての意味を表すことから選ばれ、使われたものと考えられます。

Imperial seals of Japan (Article 12)

菊花紋/日本政府・内閣/CC BY 4.0 via Wikimedia Commons,Link

御紋章として描かれたはわかりませんが、13世紀の鎌倉時代に描かれた、北野天神を題材とした絵巻『北野天神縁起』の中には、菊花が宮中の象徴として描かれていることが知られています。

江戸時代に入り、紋付の移り変わる

家紋が入った着物である紋付は、戦国時代の武将が着た銅服(どうふく)の遺品に、絞り染めや刺繍で表された紋章をつけたものがありますが、まだ図形化や一定の様式をもつようにはなっていませんでした。

江戸時代に入ってから、図形を単純化したものやシンプルな文様などがよく見られるようになりました。

戦乱の世から、徳川家康が幕府を開き、平和が長く訪れると、戦場での印の意味合いが薄くなり、家系を誇り、威厳を示すことが主な目的になりました。

大名の氏名、家紋、所領などを一覧にした家系図や諸家譜である『大名紋尽し』や、大名・旗本・幕府役人の名鑑である『武鑑』などが刊行されるようになったのをみると、紋をつけるという文化がよく発達していたのがわかります。

家紋を装飾的に上品で美しく変えた替紋(かえもん)や、略儀の時や私的な外出の際に定紋の代わりとして使った少しくだけた紋様である裏紋(うらもん)も考案されました。

武家の女子の間で、紋付が着用され始めたのも太平の世が続いたこの頃です。

町人と家紋

町人のうち、庄屋(しょうや)や名主(なぬし)などの村役人で特別の業績を挙げた者や、行政に協力して功績があったものなどに、苗字帯刀を許されました。

苗字帯刀を許された町人は、その家柄を誇って家紋を使ったり、歴史ある商家の家では、商売の印である暖簾や着物にも家紋をつけるようになります。

また、役者が個人の好みや芸風を反映させて独自の家紋をつけたり、面白半分なものやオシャレなデザインが評価されました。

紋付における紋の位置

紋付における紋の数は、一つ紋、三つ紋、五つ紋と数が増えるほど格が高いものとされています。一つ紋は背に一つだけ、三つ紋は背に一つと袖に二つ、五つ紋は背に一つ、袖前と前身頃に二つ付けます。

紋が表示する位置については、紋が指し示す効果や様式美の観点からも、理にかなっているものとなっています。

時は、鎌倉時代になり、公家に雇われていた下級官人が着用していた水干(すいかん)という上着における、補強と装飾をかねて組紐を通して結んだ菊綴(きくとじ)と呼ぶものを、武家が直垂(ひたたれ)という上着に導入しました。

関連記事:武士、侍(サムライ)はどのような衣服を着ていたのか?武士の装いの歴史。

菊綴の位置は、両胸、背中、奥袖と端袖の縫い目、袴の両股立、前側の縫い目にあり、室町時代以降に、好みの大きな文様をつけて「大紋の直垂」、略して「大紋(だいもん)」と呼びました。

江戸時代になって、好みの文様つけていた部分が家紋に変えられて、大紋から変化した服で、室町時代がその始まりとされる素襖(すおう)という上下セットの着物にも家紋をつけるようになったのです。

さらに素襖の袖を取り除いた形の裃(かみしも)や、大紋や素襖、裃などの下に着用する小袖や羽織なども、もともと菊綴をつけていた場所に紋所があります。

紋付羽織袴

紋付〇〇という言葉でよく聞くのが、紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)です。

戦国時代から、武将が当時は好んで胴服と呼ばれることが多かった羽織を着用していました。

Wedding photo in Japan 1889

新郎は紋付羽織袴、新婦は黒の引き振袖を着用/投稿者によるスキャン/Public domain/via Wikimedia Commons,Link

それから時代が下り、家柄を誇示したり、装飾目的で小袖に紋をつけたものが、羽織で隠れてしまうのはもったいないので、羽織にも紋をつけるようになったというのは必然だったのでしょう。

参考文献:『服装の歴史


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。