6種類の基本的な染色の仕方。直接染法、反応染法、建染め染法、発色染法、媒染染法、分散染法について。


染色方法には、基本的に6種類に分けられます。

1、直接染法

直接染料は、染料自体ががそのまま水によく溶けます。そのため、染料で水溶液をつくり、その中に繊維を浸して加熱することで染めることができます。

綿や、麻、レーヨンなどのセルロース繊維に使う直接染料や、羊毛やシルクなどのタンパク繊維に使う直接染料、アクリル繊維に使うカチオン染料などは、直接染法です。

染め方の原理としては一番簡単ですが、一般的には色がクリアに染まりずらく、洗濯や太陽の光に対する堅牢度は高くありません。そのため、古くから色止めの方法がさまざま工夫されてきました。

2、反応染法

反応染法とは、染料と繊維とを化学反応によって結びつける方法で、綿などのセルロース繊維によく使われます。

染料には、セルロースの水酸基(hydroxyl group)やタンパク質のアミノ基(amino group)などと共有結合する反応染料が使われます。色はクリアで、洗濯の際の堅牢度は高いので、綿繊維の染色にはもっとも適していると言われます。

3、建染め染法

建染め染法は、還元染法ともいいます。

インディゴやインダンスレンのような建染め染料や、黒や紺に染めるのに使われる硫化染料は、水には溶けないので、直接染料のようには染められません。

色素の元が、アルカリ性の水溶液で還元することにより、水溶性となり繊維に染まるようになります。染料から出し、空気にふれて酸化することによって、繊維の中で不溶性の色素となり定着します。

染料を染まるように還元する方法を「建てる」といい、藍染の染液を発酵させてつくることも、古くから「藍を建てる」言われてきました。

洗濯の際の堅牢度や太陽光に対する堅牢度も優れていて、実用性が高いです。

4、発色染法

発色染法も水に溶けない染料を使って染める時の方法で、ナフトール染料やアニリン・ブラックなどがあります。

ナフトール染料(naphthol dye)は、「アゾイック染料(azoic dye)とも呼ばれ、下漬剤(したずけ)のナフトールと顕色(発色)剤のジアゾニウム塩 を繊維の上で結合させ、発色させます。

綿や、麻、レーヨンなどのセルロース繊維に使うようの染料で、色素が水に溶けないので洗濯堅牢度が高く、浸染や、捺染によく使われてきました。

アニリン・ブラックは、塩酸アニリンの水溶液に繊維を浸し、続いて重クロム酸ナトリウムの水溶液を通すと,アニリンが酸化して黒色に染まります。

古くは、木綿を黒く染めるのに広く用いられたが,今ではきわめて特殊な場合にしか使われないようです。

コトバンク:アニリンブラック

5、媒染染法(ばいせん)

染料が水には溶けるが、繊維にちゃんと定着して染まらないときに、染める前か後に繊維を媒染剤で処理をすると、染料が繊維のなかで媒染剤と結びついて、レーキという水にとけない染料となって定着し、洗っても色落ちしなくなります。

色も濃く染まり、媒染剤によってさまざまな色合いを出すことができます。媒染剤としては、アルミやクロム、カルシウムや鉄などの金属塩がよく使われます。

いわゆる草木染めのような植物染料の多くは媒染によって染められます。

ヨーロッパでトルコ赤と呼ばれ広く使われてきた茜(アリザリン)の染色には、媒染剤として木の灰にお湯を混ぜて作るアルカリ性の液体である灰汁やミョウバン、カルシウム塩やアルミニウム塩がよく使われましたが、今ではほとんど使われていないそうです。

6、分散染法

合成繊維の多くは、水に混じりにくく親和性が低い疎水性(そすいせい)を持っているため、水に溶ける染料では、ほぼ染まりません。

そこで、アルコールやエーテルに溶けやすい分散染料の微粒子を水の中に分散させて、加熱すると、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維に溶けて吸収され、染めることができます。

浸染(しんぜん)と捺染(なっせん)

上記で説明した染料をどう布に定着させるかは、二つ方法があり一つは、染める液のなかに浸けることで布に定着させる浸染です。

これは、イメージしやすいですね。

もう一つは、染料をプリントして模様を染める捺染です。手で彫った木版を使って、布にインクを押し付けていくインドのブロックプリントもこの手法ですね。

浸染は、製品染め、糸染め、生地染めなど比較的どのようなものにも染められますが、捺染はイメージできると思いますが、もっぱら布地に対して行われます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です