蚕(かいこ)の繭(まゆ)。絹糸(シルク糸)の原料

絹糸(シルク糸)の作り方は、糸を撚る(よる)のではなく繰る(くる)ことによって出来る


シルク(絹)は、かいこによって作られた繊維とその製品の総称です。

シルクは、綿や羊毛(ウール)と違い、連続した細い繊維でできており、しなやかな感触と優雅な光沢感を持っています。

シルクを産出しなかったヨーロッパでは、シルクはシルクロードを通って遠く中国から運ばれ、同じ重さの黄金と同じ価格で取引されたと言われています。

人類は5000年以上も前から、かいこが作るまゆを利用して糸づくりを行っていました。

現代においても最高級の繊維とされているシルクの特徴はさまざま挙げられ、その糸づくりも綿や麻などの植物繊維とは違いがあります。

シルク(絹糸)は糸を撚る(よる)のではなく、繰る(くる)ことによって糸を作る

綿や麻などの繊維は、1本の糸をつくるためには、1本から複数の糸をねじりあわせることでりをかける作業が必要です。

り」とは、糸をねじり合わせることを意味し「撚糸ねんし」という言葉は、「りをかけた糸」を表します。

一方、絹糸(シルク糸)を作る場合は、糸をまゆから引き出すので、「糸をる」と言うのではなく、糸を「繰る(くる)」と言うのです。

かいこからとれる生糸きいとは、1本が細く、そのままでは糸として使えないため、4〜5個のまゆから引き出した糸を合わせて糸にしていきます。

関連記事:糸を撚る(よる)とは?撚糸(ねんし)における甘撚り糸(あまよりいと)と強撚糸(きょうねんし)の特徴について

繭から糸を引き出す座繰り(ざぐり)

まゆから糸を直接引き出す方法で、昔ながらのやり方は「座繰り(ざくり)」と言います。

「座繰り(ざくり)」は、座るか、椅子に掛けながら糸を繰る方法です。

まゆを煮て、にかわ質を柔らかくしてから糸口を見つけて、糸を引きだすと1本に繋がって糸が繰り出されるのです。

引き出された糸を何本か合わせたものが、生糸きいとと呼ばれる糸になり、枠に巻き取られます。

「座繰り(ざくり)」の技法は、原始的には「なべ」、「わく台」、「流し板」からなる手引きで、1800年頃から「軽わざ座繰」、「平座繰」、「左手座繰」、「二つ取り座繰」、「一つ座繰」など簡単な装置を用いる方法が考えられます。

それから、次第に発達していき、「足踏座繰」、水力を動力とする器械座繰が普及し、大正時代まで行われました。

その後、多条繰糸機たじょうそうしき自動繰糸織じどうそうしきが発明され、今日に至っています。

富岡製糸場の繰糸工場(くりいとこうじょう)

富岡製糸場,官営時代のフランス繰糸器

富岡製糸場,官営時代のフランス繰糸器

2014年に世界遺産に指定された富岡製糸場(Tomioka Silk Mill)は、1872年(明治5年)に群馬県富岡市に設立された日本初の本格的な機械製糸の工場で、開業当時の繰糸所そうしじょ、繭倉庫などが現存しています。

繭から糸を取り出す「繰糸くりいと」を行う建物も残っており、見学することができます。

富岡製糸場の繰糸工場

富岡製糸場の繰糸工場

入り口には、「繰糸工場くりいとこうじょう」の札が掛けられています。

操業当時はフランス式の繰糸器が使用されていましたが、現在は工場内には日産が開発し、昭和40年(1965年)から昭和55年(1980年)の間に設置された自動繰糸機があります。

現存する自動繰糸機は、昭和62年(1987年)の操業停止時の状態で保存されています。

富岡製糸場,ニッサンHR-2型自動繰糸機

富岡製糸場,ニッサンHR-2型自動繰糸機

一反分の反物を織るために必要な繭(まゆ)の数

一反分の着物の着尺約12mを織るために必要な絹糸は、もちろん前後はありますが700gほど必要になります。

1粒のまゆから、長さ800m〜1500mほどの糸がとれ、重さは大体1.5g〜2.5gで、まゆのうち糸になるのは約17〜20%ほどです。

蚕(かいこ)の繭(まゆ)。絹糸(シルク糸)の原料

蚕(かいこ)の繭(まゆ)。絹糸(シルク糸)の原料

仮に、まゆ1粒あたりを2gとし、1粒から重量の20%ほどの絹糸がとれるとすると、0.4gとれることになります。

その場合、例えば2000個のまゆで、4kgほどの重量になり、そこから20%の絹糸が取り出せるとすると800gになります。

2gのまゆから、0.4g絹糸がとれるとすれば、1,750粒のまゆがあれば、ちょうど700gで、一反分の生地を織ることができる計算です。

このように考えると、機械化する以前の人々が手作業で行っていたことは、途方もない作業の連続であったことがよくわかります。

機械化された絹糸の繰り工程に関しては、国内最大の器械製糸工場である群馬県松井田町の碓氷製糸株式会社における、製糸工程の作業動画が非常に参考になるので、ぜひ見てみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です