蓼藍,タデアイ

阿波25万石、藍50万石。徳島藩における藍栽培が盛んだった理由


徳島県では、鎌倉時代から藍作の歴史が始まったとされます。

藍の栽培が盛んになった理由を、いくつか挙げることができます。

気候や土壌の条件

徳島で藍の栽培が盛んであった理由として挙げられるのが、気候や土壌の条件が生育に適していたという点です。

    具体的には、下記に4点理由を挙げています。

  1. 藍のタネをまく三月ごろは比較的暖かく、降水量も少なかった
  2. 発芽した藍を、畑に移植した後の時期である5月ごろは、晴天の日々が続く
  3. 生育期である6月に、吉野川下流域では降水量が多かった
  4. 吉野川流域は、川に運ばれて低地に積み重なっていった土砂が土壌化した「沖積土壌ちゅうせきどじょう」であったため、土の中の水分量が、降水時と晴天時でもおおきく変わらなく、藍栽培に適していた

宮本常一著『塩の道』には、藍の栽培適地について下記のような記述があります。

蓼藍というのは、砂地で作ることが多いのです。藍は根がぐうっと深く入るし、しかも土がよく肥えているところでないと育たない。これの栽培できる土地というのは、たいへん限られていたのですが、徳島県がその適地であったわけです。そして盛んにここで作られるようになります。

関東では深谷の北、利根川べり、そこに同じような土層があります。そこで作られるようになる。渋沢栄一という人は、その藍商人の家に生まれて、若い時には藍の行商で信濃のほうまで旅をしています。あのあたりで作られていたわけです。ところが関東の藍の適地というのはたいへん狭かった。そこで徳島が日本でもっとも大きな産地になってきます。宮本常一著『塩の道』

吉野川流域の徳島と同じように、大きな川が流れている地域の川沿いは、古くは藍の栽培には適している場所だったのです。

蓼藍,タデアイ

蓼藍,タデアイ

米の栽培

二つ目に挙げられるのは、そもそも吉野川流域は米の栽培に適していなかったということです。

米の収穫時期は、秋の降水量が多い時期に重なるため、収穫前に吉野川が氾濫して被害を受けることが頻繁におこりました。

当時は、今のようにしっかりとした堤防はもちろん整備されていなかったのです。

吉野川

吉野川

一方で、藍の葉っぱの刈り取りは秋の雨量が増えるまえに終わるため、非常に栽培が理にかなっていました。

江戸時代当時の阿波藩は、石高26万石ほどであったとされますが、藍作によって、財政的には70万石以上であったと言われています。

また、藍は連作を嫌うと言われていますが、吉野川の氾濫によって、肥沃な土砂が流れてきたこともポイントとして挙げられます。

藩の保護政策

阿波藍が全国でトップの生産量とクオリティーであった一番大きな理由が、徳島藩が藍の原料づくりに対して保護政策をおこなったためです。

16世紀以来、藍栽培や製造法に改良に改良を重ねて日本一の藍に育て上げ、これが藩財政の基本としていたので、この製法を外部に漏らぬよう秘密にし、外部に漏らしたものは罪に問われていました。

阿波藍の製造法を他国(違う藩)に漏らした罰で処刑されたのは人もおり、例えば「京の水藍」で有名だった京都の九条村に阿波藍の製造技法が伝えた宇兵衛という人物は寛政かんせい10年(1798年)に処刑されています。

関連記事:京の水藍。幻の京藍の歴史と栽培方法

最盛期(1903年)には、タデアイの作付け面積は、徳島県内の23%にあたる1万5000町歩にも及んだとされます。一町は、1ヘクタール(一辺が100mの正方形と同じ広さ)で面積にして100m×100m=10,000㎡です。

天然藍の衰退

1903年が藍栽培の最盛期でしたが、1880年には藍の色素の化学構造が明らかになり、石油由来の合成インディゴが発明されました。

天然藍の原料作りと染色の手間を考えると、コストや生産性においては圧倒的に人工藍に負けてしまいます。

人工藍の到来によって、全国にいた藍作りを担う藍師が続々と藍作りをやめていきました。

徳島県内で、代々家業として藍作りを行なってきた5軒の藍師たちが伝統を守ってきてくれたおかげで、現在まで日本の藍文化が残ってきたのです。

【参考文献】

  1. 『藍染の歴史と科学』
  2. 宮本常一著『塩の道』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です