平織り、綾織り、朱子織りの変化組織と特徴。


織りの三原組織と呼ばれる平織り、綾織り(あやおり)、朱子織り(しゅすおり)の基本組織をベースに、そこへ変化を加えることで特徴的な模様を出すことができます。

平織りの変化組織

経糸と緯糸が交わる組織点をタテまたはヨコに広げることで、変化組織をつくることができます。平織りの場合、経糸を二本引き揃えることで、縦方向に組織点が二つ並んで組織されます。

この方法で作られる織物組織に、畝(うね)織り(オットマン、コード織り)、斜子織り(オックスフォード、パナマ織り)などがあります。

オットマンは、横に伸びる畝が非常に厚く、丸みがあるのが特徴です。

コード織りは、縦に伸びる畝が特徴的です。生地表面に立体感がうまれることがシワの軽減につながり、通気性にも優れているため、紳士用の夏用スーツ地によく使われます。

綾織りの変化組織

綾織りの場合は、綾目の方向が反対のものを組み合わせたもの(杉綾)、幅の違う綾目を組み合わせたもの(フランス綾)、綾線をカーブさせたもの(曲がり斜文(しゃもん))、綾線をばらばらにしたもの(ブロークン・ツイル)など変化組織はさまざまです。

ブロークンツイルは、「破れ斜文織り」ともいいます。綾線がばらばなになるということは、綾目がつながらないようにしているということです。そのため綾織りですが、綾目があらわれず、表面がなめらかな風合いになります。

また、ブロークン・ツイルの特徴としては、綾織物自体が綾目の方向にねじれていくという特性をもっていますが、その特徴的な「ねじれ」がでないのがポイントです。ジーンズなどのデニム生地にもよく使われます。

綾組織の組み合わせをさまざま変えることによって、変化組織をつくっていきます。

朱子織りの変化組織

組織点を不規則に配置した不規則朱子、朱子の組織点をタテ、またはヨコの方向に増やした重ね朱子、経朱子と緯朱子を市松模様形に組み合わせた昼夜朱子などがあります。

重ね朱子で織ると、地合いが丈夫になるため、起毛をする毛織物にも多く使われます。

昼夜織りにすると、光りのの反射の違いによって、織物表面に市松模様がしっかりとあらわれてきます。

糸の太さから撚りの強弱、そして織りのパターンを組み合わせると、ほんとうに幾通りもの模様や質感を出せるのは、非常におもしろいところですね。

関連記事:平織り(ひらおり)、綾織り(あやおり)、朱子織り(しゅすおり)は織物の基本。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です