鹿子(かのこ)絞りとは?鹿子絞りを全体に施した疋田鹿子、総疋田、総鹿子について


鹿子かのこ絞りは、鹿しかの毛の斑点はんてんに似た小形の白い丸形がまばらに散ったような絞り柄になります。

古く、鹿子絞りは、「ゆはた」、「目結めゆい」、「目染めぞめ」ともいわれていました。

鹿子絞りの中でも、疋田鹿子ひったかのこ総疋田そうひった)は布面に隙間なく散らしたもので、京極きょうごく絞りは比較的絞り柄の間隔が広いもの、小粒を連続させた一目ひとめ(人目)などがあります。

疋田鹿子(総疋田)

江戸時代後期に流行し、全体を鹿子かのこ絞りにしたものは、疋田鹿子ひったかのこ総疋田そうひった総鹿子そうがのこなどと呼ばれ、江戸時代中期ごろには、もっとも華美で高級な女物衣服として用いられていました。

そのため、江戸時代には奢侈禁止令しゃしきんしれいの対象にもなっていました。

制作には、すべて指先でひと粒ごと布をつまみあげて、糸で堅くくくっていきます。

大体、布目に対して45度に粒が並び、布一尺幅(37.88cm)に45個くらい絞るのが標準とされていました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です