人の手がかかるものづくりには非効率の価値があるから、その他の作業をできるだけ効率化するべき。


ものづくりの分野、とりわけ全ての工程を機械やロボットで完結するのではなく、人の手が必要とされる手仕事などは、非効率にみえる作業部分が多くあります。

手仕事においては、人の手が必要な非効率な部分こそが、大きな価値として評価される点でもあるのです。手仕事の手のかかる部分に、しっかりと時間を割くということは言うまでもありません。

ただ、分野にもよりますが、なかなか手仕事でご飯を食べていくのは難しいところです。なぜなら、手仕事であるため、投下した時間に対する生産量に限りがあるからです。

限りがあるなかでどうやって、利益を効率よく出すことができるかを考える第一歩として、まずは手をかける作業以外の工程を徹底的に効率化する意識を持つことが大事だと思います。

人の手がかかることから生まれる非効率の価値

伝統工芸などの手仕事は、効率が悪いからこそ尊いと感じられような「非効率の価値」を考える例としてはぴったりでしょう。例えば、ガラス工芸品として江戸切子があります。江戸切子は主にグラスやお皿として作られることが多いです。

参照:江戸切子共同組合

機械でつくってしまえば、グラスやお皿などの日用品は低コストで大量に生産することができますが、江戸切子は職人が一つひとつ丁寧につくっていきます。

「もの」それ自体を生産するという視点からみれば、明らかに後者が非効率です。それでも、職人がつくったグラスに価値を見出す人がたくさんいるのです。

美しさや使いやすさといった実用性の面からみた価値もありますが、職人が時間をかけてつくったという非効率であるがゆえの価値を感じることができます。

あたたかみ、こだわり、職人技…..。

人の手がかかっているということから生まれる非効率の価値は、機械やロボット生産のみで生まれる製品からは感じることができないものです。僕はその点に、人の手がかかるものづくりの大きな価値を感じます。

非効率だからこそ、その他の工程をできるだけ効率化する

作り手の視点から見ると、ものづくりの工程における非効率さは効率化させようとしても、できない部分があります。

なぜなら、先ほど述べた通り人の手がかかるものづくりそのものが非効率だからです。

ものづくりの非効率さに関しては、ある程度あきらめる部分があるとして、その現場で働く人にとってできるのは、生産工程以外の効率化を徹底的に図ることです。

原材料の仕入れ、作業の段取りから、商品の輸送まで徹底的に無駄を省いていく努力をすることで、非効率な生産部分に注力することができるのだと思います。

作業の効率化は、どんな仕事をしていても必要とされることですが、手仕事などのものづくりの担い手こそ、この意識を徹底的に持つ必要があるのではないでしょうか。

手仕事の未来

今後は、人工知能を搭載したコンピューターの登場により、幅広い分野において人間がこれまでしてきた作業が機械に取って代わられていくでしょう。

ネガディブな側面がピックアップされることが多いですが、人がやらなくて良いものが増えるということでポジティブな面もたくさんあります。

そんななか、人が関わるから効率的ではないけれど、非効率だからこそ見出される価値が、より評価されていく時代が来るのではないかと感じます。

ものづくりの担い手にとっては、ある意味チャンスがくるのではないかとも感じます。だからこそ、手仕事の作業がないがしろにせず、しっかりと利益を出すためには、徹底的に効率的であることが大事なのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です