武士、侍(サムライ)はどのような衣服を着ていたのか?武士の装いの歴史。


武士、侍はどのような衣服を着ていたのか?

その歴史は、律令制の崩壊を象徴する承平天慶(しょうへいてんぎょう)の乱(931年〜947年)が起こった平安時代中期から、慶応3年(1867年)大政奉還によって武士の公服として着用されてきた上下(かみしも)が撤廃されるまでの約10世紀にわたります。

武士の装いの歴史

平安末期から鎌倉初期の頃は、いわゆる成り上がり者とされた武士たちが、衣生活において選択すべき道は2通りありました。

①公家社会の厳格な服飾を階級制に取り込む
②自分たちが慣れ親しんだ服飾形式を発展させる

武家として破竹の勢いで権力を広げていった平家は、①の方を選択し、公家装束に六波羅様(ろくはらよう)と呼ばれる独自の嗜好を取り入れました。

平家滅亡後に覇権を得た源氏は、華やかさを抑え、関東生まれの武士である坂東武者(ばんどうむしゃ)の質実剛健(心身共に強くたくましいさま)の精神を尊重して、自分たちの服飾形式を発展させていきました。

その後北条氏が、狩衣より水干、水干より直垂というように、生活に密着した実用的で機能的な形式の正装化や礼装化を推し進めていきました。

もともとは社会の下層にあったともいえる武士の服飾形式が、身分が上とみられる人々に取り入れられることのよって移行していく「形式昇格(けいしきしょうかく)」の現象がみられたのです。

形式昇格(けいしきしょうかく)は服飾の歴史によくみられるものですが、この形式昇格の劇的な流れこそが武家服飾の最大の特徴といっても過言ではないのです。

形式昇格の現象を踏まえつつ、武士の装いを以下で紹介します。

狩衣(かりぎぬ)

狩衣は、もともと野外で用いられる遊猟の服で、麻製であるため布衣(ほい)と呼ばれていました。

狩衣の形態ですが、闕腋(けってき)、※盤領(あげくび)、※身一幅(みひとの)で袖(おくそで)、鰭袖(はたそで)からなる袖が後身とわずかに縫い付けられ、袖口には括りヒモが通っています。

※盤領(あげくび)・・・袍(ほう)や襖(あお)などの衿を、下前(したまえ)から上前(うわまえ)にかけてまるく仕立てた円形の衿

※身一幅(みひとの)・・・身頃が一幅で身幅が狭いため、袖を後ろ身頃にわずかに縫い付け、肩から前身頃にかけてあけたままの仕立て方となっている

平安時代には、公家の日常着であった狩衣が、次第に武家の最高格の衣服となりました。

この形式昇格にともなって、二重織物、綾、顕紋紗(けんもんしゃ)などの高級な生地が用いられるようになりました。

紺地蜀江模様狩衣-Noh Costume (Kariginu) with Geometric Pattern MET ASA202
引用:紺地蜀江模様狩衣via Wikimedia Commons

水干(すいかん)

水干は、水張りにして干した布の意味で、その布で仕立てられた水干狩衣のことです。

形は狩衣にのっとっていますが、多くの場合裾が短く仕立てられ、ほころびやすい縫い目の箇所に補強として組紐の端をほぐした※菊綴(きくとじ)が付けられました。

※菊綴(きくとじ)・・・縫い目のほつれを防ぐために、ヒモを縫い合わて、縫い目上の重要な場所にヒモを通して結んだもの。余分なヒモ部分をほどいたボンボン状のものが、菊の花に似ていたため、菊綴と呼ばれました。

菊綴は、次第に装飾性が重んじられるようになります。

平安時代には、下級役人や公家に雇われた武士、庶民が用いた実用的な衣服でしたが、鎌倉時代になって形式昇格し、平絹・綾・紗・錦などで仕立てられるようになり、一般武士から将軍や上皇にまで着用範囲が広がりました。

直垂(ひたたれ)

直垂は、※闕腋(けってき)、※垂首(たりくび)、※身二幅(みふたの)、袖が※奥袖(おくそで)、※鰭袖(はたそで)からなる上着で、鎌倉時代以前は庶民の日常的に着ている衣服でした。

※闕腋(けってき)・・・衣服の両わきの下を縫い合わせないであけておくこと

※垂首(たりくび)・・・襟 (えり) を肩から胸の左側と右側に垂らして、引き合わせて着用すること

※身二幅(みふたの)・・・布を二枚縫い合わせて頭と腕を出す穴のみ縫い残したもの

※奥袖(おくそで)・・・衣服の部分の名称で、袖付け側の部分のこと

※鰭袖(はたそで)・・・衣服の部分の名称で、袖幅を広くするため、袖口にもう一幅 (ひとの) または半幅つけ加えた袖。

鎌倉時代以降の武士の台頭とともに幕府に仕える人々の通常服となり、やがて礼装・儀礼用になっていきました。

江戸時代になると完璧に正装化して、将軍以下諸大名四位以上の者しか着用できない礼服となりました。

袴に上着と同じ生地(共裂/ともぎれ)を使用するようになってからは、袴も含めて直垂と呼び、上下(かみしも)と通称されていきました。

大紋(だいもん)

大紋(だいもん)は、大きな家紋を五箇所に染め出した布製の直垂で、直垂に準ずるものとされました。

室町時代から、一般の直垂とは区別され、「大紋の直垂」または単に「大紋」と称されるようになったのです。

江戸時代には、五位の武家(諸大夫/しょだいふ)以上の式服に定められ、下に長袴を用いました。

素襖(すおう)

素襖(すおう)は素袍とも書き、大紋から変化した服で、室町時代がその始まりとされています。

布製の直垂で、胸の部分のヒモである胸緒(むねお)や菊綴(きくとじ)に、韋緒(かわお)が使用されたので、「韋緒の直垂」とも呼ばれました。

上着と同じ素材で同じ色の長袴をはくのが普通ですが、上下色が異なっている場合を素襖袴、半袴を用いるのを素襖小袴と言いました。

江戸時代になると、大名も素襖を着用するようになり、烏帽子(えぼし)とともに素襖が幕府の礼服となりました。

上下(かみしも)・肩衣袴(かたぎぬばかま)

肩衣(かたぎぬ)は、もともとは下層民の用いた粗服でしたが、戦国の激動の時代に動きやすさを図って、素襖の袖がはずされて武士の略式礼装となり、江戸時代には、通常の礼装として用いられるようになりました。

素襖の流れをくんで麻でできたものを本式とし、肩衣と袴の組み合わせを上下(かみしも)と呼びました。

晴の所用には、長袴を着用したものが長上下(ながかみしも)と称され、袴と肩衣の素材や色が異なる継上下(つぎかみしも)は平服として区別されました。

古代に庶民がもっとも原始的な実用着として着用していた肩衣が、江戸時代に武家の正装となるという究極な形式昇格が成し遂げられたのです。

誰しも一度は見たことがあるであろう織田信長像は、肩衣と袴(上下)を着用しています。

Odanobunaga

引用:Odanobunaga.jpg via Wikimedia Commons

大鎧(おおよろい)

大鎧は、馬上から弓を射る騎射戦用の重厚な鎧で、平安時代中期ごろに成立したとされています。

弓を射るために両脇が大きく広がり、胸には栴檀(せんだん)と鳩尾(きゅうび)の板をつけ、馬上において太ももを隠すために、特徴的な4枚の大型の草摺(くさずり)がついています。

大袖が左右の方についており、装備が完成しているところから、着背長・著長(きせなが)という名称がつけられ、後世には式性(しきしょう)の鎧とよばれました。

胴丸(どうまる)

胴丸は平安時代から歩兵用に用いられてきた胴甲で、歩くやすくするために草摺(くさずり)を8つに細分化して、胴を右脇で深く引き合わせるのが特徴的です。

鎌倉時代末頃から、戦闘形態が馬から降り、ヤリや鉄砲を用いた徒歩での集団戦に移行していくと、次第に大鎧にとって変わるようになり、武将も袖と冑(かぶと)を付属させた三つ物を完備する形式をとるようになりました。

胴丸の名称は、永禄(1558年〜1570年)の頃からとされ、それ以前は「腹巻」の名で呼ばれていました。

紺糸威胴丸具足(伝黒田家家老小河家伝来)

引用:紺糸威胴丸具足(伝黒田家家老小河家伝来)via Wikimedia Commons

当世具足(とうせいぐそく)

鎌倉時代の末以降、騎上から徒歩の集団戦が主流となり、新しい戦闘用式に柔軟に対応するため、右脇を引き合わせる胴丸を母体に、胴部分を鉄板製とした新しい甲冑(かっちゅう)が生まれました。

当世具足と称され、従来の胴丸や腹巻は昔具足と呼ばれるようになったのです。

権威をあらわす装飾も大きく変化していき、特に冑(かぶと)は戦国武人の美意識を反映して特徴的な造形がなされ、当世冑(とうせいかぶと)と称されました。

弽(ゆがけ)・足袋(たび)

弽(ゆがけ)は、弓を射るときに手指を傷つけないために用いる※韋(なめしがわ)の手袋で、弓懸(ゆみかけ)、弾(つるはじき)、手覆(ておおい)とも呼ばれました。

※韋(なめしがわ)・・・毛と脂肪を取り除いてやわらかくした動物の皮

左右で一セットのものを一具弽(いちぐゆがけ)、あるいは諸弽(もろゆがけ)、右手だけに用いるものを的弽(まとゆがけ)など称します。

足袋(たび)は、歩行戦が中心となったことで、武将においても必需品となり、応仁・文明の乱(1467年〜1477年)頃からは武士の正装として用いられるようになったのです。

素材は古くは鹿皮が使用され、近世には木綿が主流となりました。

鎧下(よろいした)

鎧下(よろいした)には、普段と同じように直垂や水干が用いられていましたが、動きやすさや利便性のために、袖口を小さくして、袖口(そでぐち)と袴(はかま)の裾口(すそぐち)に括緒(くくりお)を設けた専用の鎧直垂(よろいひたたれ)が着用されるようになりました。

戦陣で武将の晴れ姿を飾り、小具足姿の華麗な出陣を整えるものとして、生地や模様には贅沢で多彩なものが好まれたようです。

鎧の下に着るものなので、戦い方や甲冑(かっちゅう)の変化が生じると、鎧下もふさわしい形に変わっていったのです。

陣羽織(じんばおり)

当世具足(とうせいぐそく)が普及し、鎧下が防具に隠れて装飾的機能が果たせなくなってくると、具足の上に着用する陣羽織が戦場で注目を集めるようになりました。

もともと、防寒、防水を目的にした実用着であったが、戦争で立てた功績をきわだだせ、死を誇り高く演出する戦衣として羅者(らしゃ)や毛織物が用いられ、当世冑(とうせいかぶと)に負けず劣らない斬新なデザインが競われたのです。

胴服(どうぷく)

胴服は、胴の部分のみを覆う短い衣類の意味で、室町時代の終わりごろに生まれたとされます。

羽織の原型となっており、「道服・筒服」などとも表記されます。

小袖(こそで)

小袖は、古くは庶民の実用着として用いられ、上層階級においては下着としてきられていました。

中世の中頃から、表着(うわぎ)としての形式を整え、時代の中心的な服装として広まっていきました。

流行を推進したのが武家で、桃山時代から江戸初期の遺品には、武家の嗜好がはっきりと表現されています。

関連記事:寛文小袖とは?鹿子絞りを中心としつつ、刺繍と縫い絞りを併用した技法が用いられ、動植物のみならず文字や器具が動的な模様として表現された。

熨斗目(のしめ)

熨斗目は、無地の練緯(ねりぬき)を地が縮まないように伸ばして固く織り上げた小袖地のことです。

熨斗目で仕立てた小袖は、袖の下部と腰あたりに筋や格子を織り出すことが一般化したため、腰替小袖(こしがわりこそで)の代名詞となりました。

熨斗目小袖は、江戸時代に、※士分以上の者の礼服として麻上下の下に着用されました。

腰替りの模様を入れず、※定紋も付けない熨斗目は片色(かたいろ)、定紋のみ入れたものは紋片色と称されました。

※士分(しぶん)・・・公的に苗字を名乗り帯刀することが許された正規の武士身分を持った者。

定紋(じょうもん)・・・家々できまっている紋。それぞれの家で用いる家紋。

武家服飾におけるハレとケ

武家の服飾における独創性は、戦いの際の戦衣に代表される非日常的な(ハレ)装束に発揮されたのです。

日常的な(ケ)装束においては、実用性を重んじ装飾をできるだけ削ぎ落とす精神のもと、生活に根ざした衣生活によって頻繁な形式昇格が起きていったのです。

元和元年(1615年)の大坂夏の陣が終わり、江戸幕府が豊臣家を滅ぼしたことによって、戦乱が終わり平和になったことで、ハレの武家服飾における独創性を発揮する場所も失われていきます。

同時にケの日常的な装束も、急速に形式化していきました。

武家の装いは、ハレとケの対照的な二面性を持つことによって、数百年にもわたる間、時代の風俗を主導していったのです。

参考文献:『武士の装い (京都書院美術双書―日本の染織)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です