銘仙(めいせん)とは?銘仙の技法について


銘仙めいせんは、群馬県の伊勢崎いせさきが有名で、「銘仙めいせんといえば伊勢崎」というほど、全国的に知られていました。

銘仙(めいせん)とは?

古くから現在の群馬県の伊勢崎地方では、太織ふとおりと呼ばれる絹織物が、農家の自家用織物として織られていました。

江戸時代後期の文化・文政(1804年〜1830年)の頃になると、盛んに織られるようになり、太織縞ふとおりじまの市が立つようになり、利根川とねがわを利用して船で江戸へも出荷されていました。

銘仙めいせんの由来は、この太織縞ふとおりじまについての文献に、「もっぱら織り目が堅牢けんろうを主とすること」から「目専めせん」と呼んだと記されていることから、銘仙めいせんとは、目専めせん語呂ごろ合わせからきた言葉だといわれています。

当時の織物は、経糸に絹糸を用い、緯糸に玉糸たまいとを用いた縞織物しまおりもので、庶民向きの大衆衣料でした。

玉糸たまいととは、2匹のかいこが一緒に1つの大きいまゆを作る事があり、これを玉繭たままゆと言い、玉繭たままゆから製糸した生糸きいと玉糸たまいとです。

明治時代に入ると、銘仙めいせんと称してかすりが織られるようになり、特に伊勢崎の珍絣ちんがすりの名前は全国的に有名になり、伊勢崎銘仙の全盛期を迎えました。

これにともない、各地の織物産地でも急激に人気となり、埼玉県の秩父ちちぶや栃木県の足利あしかが、東京の八王子や山形県の米沢などでも織られるようになったのです。

戦後は、衣生活の変化やウールや化学繊維の出現などによって、需要が減り、銘仙めいせんの生産が衰退していきました。

銘仙の技法

銘仙めいせんが発達するにつれて、かすりの技法も次々と考案され、併用絣へいようかすり緯総絣よこそうかすり解絣ほぐしかすり珍絣ちんがすりなどが生まれました。

併用絣へいようかすりは、整経せいけいした経糸を、何枚もの型紙を用いて捺染なっせんし、緯糸も特定の板に巻きつけて、型紙で捺染なっせんし、これを織り上げたもので、大柄で派手な色合いが主になります。

緯総絣よこそうかすりは、緯糸のみ絣糸を使用したもので、併用絣へいようかすりほど多彩ではなく、3〜4色で模様の濃淡を表現したものです。

珍絣ちんがすりは、縛り技法と板締め技法の2種類があり、縛りは、糸を原図によってところどころ捺染なっせんしてから、捺染した部分を紙で覆い、糸を堅く縛って釜に入れて染色します。

板締めは、板に彫ったみぞを糸の束に対して、直角に両面から当てがい、締め付けて染色します。

板の両面のとつ部分は、糸が圧迫されて染料が染まらず白く残り、これが絣となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です