絣,井桁絣,型染と併用した経緯絣

井桁(いげた)とは。井桁模様と井桁絣について


井桁模様の井桁の読み方はいげた・・・であり、井桁いげた模様は古くから織りや家紋などのデザインに使用されてきました。

井桁(いげた)とは

井桁いげたとは、井戸の上部のふちを、地上で井の字形に組んだ木の囲いのことです。

下街道の古井戸

下街道の古井戸,井桁,Reeeeeeeeeeo, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons,Link

井戸は、掘ってすぐ使用できるわけではなく、地面と同じ高さの井戸だった場合は、周囲の土やゴミが井戸の中に入ってしまわないように、井戸を掘ったら井桁いげたを組んで地面より高い位置に井戸の入口を作る必要がありました。

井桁いげたがあることで井戸に蓋ができるようになるため、人が井戸と気がつかずに落ちてしまうような事故を防ぐ目的もありました。

井桁いげたは、古くから生活に欠かせない水源である井戸を守るその重要な役割から、家内安全の意味が込められる模様としても活用されるようになります。

井桁(いげた)模様とは

古代より命をつなぐ水の湧く場所は、精霊の宿る場であり、神をまつる場でもあったため、井戸を象徴する井桁いげたの「井」の形を象形化した井桁いげた模様は、人々から親しまれるようになります。

井桁いげた模様は4本の直線によって囲まれた正方形の幾何学的文様で、似ている模様に菱形ひしがたの連続文様である井筒いづつがあります。

家紋としての井桁模様

井桁いげた模様は、武将の間で家紋(井桁紋いげたもん)として使用されるようになります。

姓に「井」の字が付く家で多く用いられ、彦根藩ひこねはん藩主であった井伊直政いいなおまさ(1561年〜1602年)の家紋として有名です。

井伊家は、家で定められた定紋じょうもんであるたちばな紋とは別の紋 である替紋かえもんとして井桁紋いげたもんを用いていました。

井伊家家紋,橘紋と井桁紋

井伊家家紋,橘紋と井桁紋,Gameposo, CC BY-SA 4.0 via Wikimedia Commons,Link

染織における井桁模様と井桁絣

井桁いげた模様は、染めや織りに用いられ、江戸時代後期から明治、大正、昭和の時代にかけて、庶民の間でとりわけ親しまれた織物にかすりがありますが、絣織物の基本柄の一つとして井桁いげた模様がありました。

井桁模様,井桁絣

志村ふくみ著『一色一生 特装版』付録のオリジナル小裂「藍やたらしま」

関連記事:絣(かすり)の歴史。日本の庶民に愛された絣文様

井桁絣いげたがすりとして人々に知られ、例えば下記の画像の井桁絣いげたがすりは、上下左右に井桁いげた模様が藍と白交互の連続文様として織り描かれ、なおかつおもて面から型染で模様(井桁柄の隅にある濃い色の四角の部分)が染め重ねられています。

絣,井桁絣,型染と併用した経緯絣

井桁いげた絣,型染と併用した経緯絣

絣,井桁絣,型染と併用した経緯絣

井桁いげた絣,型染と併用した経緯絣,隅にある濃い色の四角の部分が型染で染め重ねられている

木綿の絣は、主に藍染によって染められた紺色の地でしたが、藍染で染められることによって、生地が丈夫になり、また汚れが目立たなくなる利点もあり、庶民の間で素朴で温かみのある絣文様が好んで用いられたのです。

絣(織り)と型染(染め)のふたつの技法が併用されたものは特殊な例で、布の裏面をみると経緯絣のみでも井桁いげた模様が判別できるにもかかわらず、あえておもて面から模様の形状や輪郭をよりはっきりさせるために型染が施されたものとなります。

絣,井桁絣,型染と併用した経緯絣

型染めされていない裏面,井桁絣

経緯絣たてよこがすりと染めが併用された染織としては、17〜18世紀にインドから舶載はくさいされたインド更紗の格天井ごうてんじょうでなどの存在が知られていますが、上記の布は、それに着想を得て製作された可能性があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です