10年かけて、酸化鉄から作る花赤という絵具。


江戸時代に作り出された絵具である、「花赤」。

今では有馬の辻絵具店だけでしか、製造されていない花赤ですが、作り方を知って大変驚きました。

酸化鉄を水につけ、毎日その上澄み液を捨てる作業を繰り返すこと、約10年かけて「赤花」ができるのです。

正直なところ、機械で作ろうと思えば、それなりに同じようなものは短時間でできるんだと思います。(そもそも機会をつくるコストを考えると、だれもつくる人はいないと思いますが…)

それでも、これだけの時間をかけて、あえてめんどくさいやり方で「赤花」を作っているということに価値があるんだと思います。

理想の色を目指す探究心。ものづくりに対する徹底的なこだわり。そしてなにより、いまでも赤花を作っている人がいるということ。

いつか有馬に行って、実際に見てみたいです。

「赤花」については下記の記事がよくまとまっています。

参照:人間国宝の愛した「花赤」という絵具


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です