繊維や糸の太さを表す単位、デニール、テックス、番手とは?フィラメント(長繊維)とステープル(短繊維)の違い。


繊維の太さを表すためのに用いられる単位に、デニール、テックス、番手があります。

デニール

繊維や糸の太さ、すなわち繊度(せんど)を表す単位として、デニールが用いられます。

デニールは、長さ9000メートルで、1グラムのときを1デニールといい、繊維の場合には「d」または「den」で、糸の場合は「D」で表します。

デニールは、その数字が大きいほど太くなっていきます。

テックス

繊維や糸の太さを示す単位は、種類が多く、複雑であったため、これを簡単にするためにISO(国際標準化機構)が1956年に定めた表示方がテックスです。

長さ1000mで、1gを1テックスといいます。テックスもデニールと同様に数字が大きいほど太くなります。

番手

紡績された糸の太さは、一定の重さに対する糸の長さで表します。

番手という単位で(表記はs)、繊維の種類によって綿番手、麻番手、毛番手があります。化学繊維の紡績糸では綿番手が使われています。

綿番手は、重さ1ポンド(453.6g)で、長さ840ヤード(768.1m)の糸を1番手と呼びます。長さが2倍のものを2番手、3倍のものを3番手とし、数が大きくなるほど糸も細くなってきます。

麻番手は、1ポンドで300ヤード(274.3m)ある糸を一番手と呼びます。

毛番手は、1000gで1000mある糸を一番手と呼びます。

太番手、細番手

番手は、糸の太さによって太番手、細番手などと言います。

一般的には、細番手は綿糸で60番手以上、麻番手では100番手以上、毛番手では72番手以上の番手の糸のことを表します。

太番手では、綿糸で20番手以下、麻番手では、40番手以下、毛番手では36番手以下の糸のことを表します。

毛編糸の場合は、極太、並太、合細、中細、極細などと区別もされています。

フィラメント(長繊維)とステープル(短繊維)

繊維について、デニールやテックス、番手よりもさらに細かい視点で見てみると、フィラメント(長繊維)と、ステープル(短繊維)に分けられます。

この区別で分けてみると、天然繊維では、シルクはフィラメントで、綿、麻、毛はステープルになります。化学繊維では、フィラメントとステープルの両方をつくることができます。

フィラメントは、一本の太い糸でできているモノフィラメントと、多数の繊維でできているマルチフィラメントがあります。

テニスをやっている人は、聞いたことがあるかと思いますが、ラケットのガットの部分は、ナイロン系のものですと、モノフィラメントかマルチフィラメントに大別されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です