羊毛・ウールは体の部位によって品質に違いがある。梳毛糸(そもうし)と紡毛糸(ぼうもうし)と各品種の羊毛の繊維直径、繊維長、質番、巻縮数について。


羊毛は、毛を採取するその部位によって品質や性質が変わってきます。

胴体の側面で、肩のあたりがもっとも良質なウールがとれるようです。

公益社団法人畜産技術協会の記事「目的にあった羊毛の扱い」に非常にわかりやすい図と説明がありますので、ここに引用します。

ネック:毛先が荒れていたり、夾雑物がかなり入り込んでいる。繊維自身は比較的細い。

ショルダー:フリースの中では一番良質のウール。

サイド:ショルダーに次ぐ良いウール。いくらか毛足が短いが、比較的均一なウール。

バック:風雨、日光に晒され毛先が荒れている。ゴミ、埃の混入がかなりある。

ブリッジ:フリースの中で一番繊維が太く、毛足もかなり短い。ケンプやヘアーが含まれることもありフェルト化しやすい。 引用:目的にあった羊毛の扱い

品種、性別、個体による品質に違いを選毛する

羊毛は、一年に1〜2回刈り取られ(剪毛)され、手順によって刈り取ると羊の毛は根元で絡みあっているため1枚につながったフリースと呼ばれる形で刈り取られます。

一枚のコート状になった刈り取った原毛(フリース)は、汚れのひどい周辺部分を取り除かれ、巻いてロール状にしてから保管されます。

毛を採取する部位だけでなく、品種による毛の品質のも大きく変わり、性別による個体差もあります。また羊の育つ環境、それぞれの個体によっての差がもちろん出てきます。

その品質に応じて、仕分け(選毛)されるのです。

洗毛と化炭(かたん)、カーディング

選毛された毛を洗い、化炭処理という方法で、脂肪分や付着している植物のゴミなどを除去します。

化炭処理とは、羊毛を希硫酸につけてから高温で乾燥させ、植物繊維を取り除きます。羊毛は酸性に強いけれど、植物性の物質は酸に弱いので焦げて炭となるため、除去することができます。

その後、カーディングと呼ばれる工程で油剤を添付しながら、繊維をほぐし束ねてスライバーと呼ばれるロープ状の繊維の束にしていきます。

ゴミを取り除いたロープ状のスライバーを、巻き上げて西洋こま(スピントップ)のような形にするので、これをトップと言います。

トップの状態で染めることをトップ染めといい、均一できれいに染色することができます。その他、用途に応じて染色方法が選ばれ、糸染め、生地染め(反染め)がされます。

その後、スライバーを機械にかけながら、細くしていき、糸を紡績していきます。

梳毛糸(そもうし)と紡毛糸(ぼうもうし)

長い繊維は梳毛紡績(そもうぼうせき)、短い繊維は紡毛紡績(ぼうもうぼうせき)に分けて紡績され、それぞれ梳毛糸、紡毛糸に区別されます。

梳毛糸は、繊維が平行に並んでいて太さが均一で、撚りもしっかりしていて硬くて強い上、表面がなめらかです。織り上げられた織物は密度が高く、強くて表面もなめらかで光沢感が出ます。スーツ地、ニット地、ドレープ地などによく使われます。

紡毛糸は、梳毛糸とは逆で、繊維の方法が一定ではなく、撚りも甘いので織り上げられた織物の密度は低く、厚地で重いもの多いです。保温性には優れており、オーバー地、毛布、カジュアルウェアなどによく使われます。

各品種の羊毛の寸法

羊の品種によって毛の品質が大きく変わると上記で述べましたが、具体的には繊維の太さ、長さや巻縮数(けんしゅく)が変わってきます。

代表的な品種の羊毛繊維の採寸は、以下の図に表しています。

各品種の羊毛の寸法 『21世紀へ、繊維がおもしろい』から作成

質番とは、羊毛1ポンドから長さ560ヤードの毛糸のできるカセ数(紡績可能性の基準)です。

よく聞かれるメリノ種は、繊維が細いことがよくわかります。繊維が細いことによって、上質なウールが採取できるのです。

参考文献:『21世紀へ、繊維がおもしろい』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です