侘(わび)、幽玄(ゆうげん)とは何か?和歌や、能、連歌における中世の美意識について


「わび茶」、「侘び寂びわびさび」などという言葉がありますが、わびという言葉はどのような意味なのでしょうか?

芳賀幸四郎(著)『わび茶の研究』では、「わび」の美意識が形成された背景を、古代の歌論にさかのぼって詳しく論じています。

その美意識は、大きく二段階に分けて考えられ幽玄ゆうげんという概念も、わびを理解する上では重要なキーワードとなっています。

第一段階、和歌における余情幽玄(よじょうゆうげん)の美

平安時代前期の905年、『古今和歌集こきんわかしゅう』ができた時代は、和歌の「ことば」と、表現される「心」が結びついていることが和歌の理想とされ、「心」が上回って、ことば足らずで表現され尽くしていない歌は下手なものとされていました。

ただ、後にことばで直接には表現されないが、言外に感情を感じられる歌は「幽玄ゆうげん」とも評されるようになります。

鎌倉時代(1185年〜1333年)の末期になると、完全円満な美に対して不完全な美、均衡のとれた典雅な美に対して不均衡でやつれた美がより、高い次元の美として高く評価されるようになったのです。

心がことばを上回るような表現の美意識は、「余情幽玄よじょうゆうげんの美」ともいえます。

関連記事:真の美はただ「不完全」を心の中に完成する人によってのみ見いだされる。東洋精神を西欧に伝えた名著『茶の本』

第二段階、能や連歌における中世的な美・幽玄の深まり

室町時代(1336年〜1573年)になると、美意識は歌論に変わって、能楽論や連歌論によってさらに変化していきます。

室町時代の歌人、正徹しょうてつ(1381年~1459年)は、中世の幽玄ゆうげん概念について述べており、「落花」という題の歌に対して「幽玄ゆうげん体の歌である」というように評しています。

さけば散る 夜の間の花の夢のうちに やがてまぎれぬ 峯の白雲「落花」
【意味】(桜は咲いたと思うと夜の間にはかなく散り、夢のうちに消えてしまったが、桜とみまがう白雲は消えることなく峰にかかっている)

正徹しょうてつは上記の歌を、優美なものや艶麗えんれいなものの情趣じょうしゅが、夢幻むげん的(ゆめとまぼろし。はかないことのたとえ)に混合して、びょうとして流れていくことを、源氏物語の情趣じょうしゅになぞらえています。

幽玄ゆうげんとは、言葉では説明できない、精神的なものへの考え方を含むもので、結果的に心にあるということをわからせるためのものであり、心の中にあるという考え方がみえていないといけないのです。

正徹しょうてつの弟子であった心敬しんけいは、美しいものはいつも所を超えたところにあるものであり、精細に描いたり、委曲いきょくを尽くすと、かえってその美は失われるものだとしています。

言葉を少なくその言外に情念が味わわれた時に、美の最高を感受することが幽玄の境地でもあって、その境地を「ひえ」や「さび」、「やせ」や「ふけ」などの言葉で表現しています。

この中世の時代、能楽の名手が、観客を喜ぶような能を演じずも、どことなく人の心を深く感動させるような演目をしたりします。

また、代表的な連歌師が「どのような歌を読むべきか?」と問われれば、「枯れ野のすすき、有明の月」と答えたように、能や連歌でも「ひえ」や「さび」などの美が高く評価されるようになったのです。

芳賀幸四郎氏は中世の美意識について、以下のように述べています。

心敬(室町時代中期の天台宗の僧、連歌師)が連歌の理念として志向し、最高究極の美として仰いだのは、禅竹(室町時代の猿楽師、能作者)での場合と同じく、春の花や秋の紅葉の感覚的な美とは対照的な緊張した冷厳な冬枯れの美、満目蕭条まんもくしょうじょうとした外見の底に生命力を潜在させた枯野にも似た美、簡素冷厳・寡黙寂静の美であった。

それにしても、古典的なものの決定的に崩壊した応仁の大乱前後において、古代的な美の否定としての中世的な美・幽玄がここまで深まったことは、まことに注目にあたいすることである。

春の桜や秋の紅葉のといった感覚的に単に美しいと思えるものではなく、草木が枯れてひっそりとした冬の野山のなかにおいても、しっかりと生命力を見せる木々の姿に美を見いだしたのです。

「わび」が美意識、境地を示す言葉に

「わび」という言葉を聞くと千利休が思い浮かびますが、利休の時代では「わび」を美意識を指す言葉として使うことはありませんでした。

千利休(1522-91),利休居士像,Sen no Rikyu JPN (cropped)

千利休(1522年-1591年),利休居士像,painted by 長谷川等伯, calligraphy by 春屋宗園, Public domain, via Wikimedia Commons,Link

利休によって大成された茶の湯の美意識を意味する言葉として「わび」を使ったのは、『南方録なんぽうろく』であるという指摘があり、利休の時代の「わび」は、「侘数寄わびすき」という言葉として使われており、「高価な唐物茶道具を買えず、それを使えない茶人たちのこと」であったとされています。

わびという言葉は、「冷・凍・寂・枯」などという言葉を言い換えたもので、もともと精神的に満たされない気持ちの意味から、物質的に不足して苦しむことに変わっていったと言われてもいます。

そして上記でも述べているように中世からの美意識は、綺麗なもののみを美とするのではなく、枯れたり、せたものにも美の存在があるとも考えられるようになり、この伝統は長く続きました。

「わび茶」という有名な言葉は、「寂び」「冷え枯れる」といった中世的な美意識から脱却して、多様化した美意識をも含むものとして、脱俗の境地を示す言葉として使われるようになっていったのです。

わびの美意識は、心理的な面を大いに含んでいるため、色彩面においても灰色味を持った渋い色合いが多く使用されるようになります。

【参考文献】

  1. 神津 朝夫 (著) 『千利休の「わび」とはなにか
  2. 『月刊染織α1986年2月No.59』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です