デザインという概念・思想のはじまり。ラスキンやモリスのものづくりに対する着眼点や美意識が社会に影響を与えていった。


デザインという概念の発生は、社会思想家のジョン・ラスキンや思想家であり芸術運動家であったウィリアム・モリスの思想がその源流として考えられています。

19世紀半ば、イギリスで産業革命がおこります。綿織物の製造における紡績機の開発、製鉄業の成長、蒸気機関の開発による動力源の改革、蒸気船や鉄道が発明されたことによる交通革命等、人の手ではなく、産業機械の発明と発展が大きく経済を動かし始めたのです。

初期の機械生産は、いいかげんで大ざっぱなものづくりであり、品質的には人の手が生み出すものと比べると、非常に劣るものでした。

そんな中、異常な速度で「下手なもの」が量産されていき、伝統的に手仕事が育んできた生活や文化、美意識をも奪っていくような機械生産に、意義を唱える人々も少なくありませんでした。

その代表的な人物が、ジョン・ラスキンとウィリアム・モリスです。

デザインという概念のはじまり

ラスキンの著作や講演、モリスの芸術運動は、機械生産における弊害を厳しく批判し、職人の技術を守り復興させようという反近代への強い主張でしたが、大量生産、大量消費へ向かって爆発的に進み続ける機械生産に対する社会一般の風潮や思想を押しとどめるまでの力にはなりませんでした。

しかし、彼らのものづくりに対する着眼点や感性、美意識は、デザインという思想のはじまりとして後のデザイン運動家たちに支持され、社会に影響を与えていくのです。

原研哉氏の『デザインのデザイン』には、機械生産に対する芸術運動においてラスキンとモリスが与えた影響について書いてありますが、また一方でラスキンやモリスが生み出した思想であると断言することはできないとも語ります。

「最適なものや環境を生み出す喜びやそれを生活の中に用いる喜び」といったものが地下水脈のように19世紀半ばの市民社会の中にこんこんと貯えられてきたはずである。そういう意識が、機械生産による粗雑な日用品の発生をきっかけとして社会の表面に噴出したのである。ラスキンやモリスのムーブメントはその象徴である。

ものづくりと生活の関係性のなかに豊かさや喜びを生み出す源泉があるという着眼点や感性は、市民社会のなかでも育まれていたはずで、そのなかで象徴的なのがラスキンやモリスの運動ではないかということです。

ラスキンやモリスが種子を撒き、その後、20世紀初頭の芸術運動が土壌を耕し、1919年にドイツのワイマールで創設された造形教育機関であり、運動でもあった「バウハウス」でデザインという思想や概念が芽を出しました。

バウハウスは、1933年にナチスの弾圧によって消滅するまで、その活動期間はわずか14年あまりで、最盛期でも10数人の教師と200名足らずの生徒しか在籍しなかった小さな学校でしたが、ここで「デザイン」という概念に、はっきりと方向性が与えられたのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です