cotton」タグアーカイブ

綿とポリエステルを混紡した黄金ブレンド。

綿は、さまざまな用途で使われています。

その特徴としては、肌や手に触れる用途に強く、その肌触りの良さは言わずもがな、繊維の中でも優れたものがあります。肌に触れる下着やインナー、タオルなど実用的に使える場面は数知れず。

他の素材と比較すると、強度に関しては化学繊維のポリエステルやナイロンより劣り、シワになりやすかったり縮みやすいという特徴もあります。

綿は繊維のなかでは、万能とも言われてきましたが、他の繊維と混ぜて糸をつむぐ(混紡)によって、綿特有の欠点を補ったり、その他の繊維と混ざることで、新たな強みを出すことができます。

混紡(こんぼう)というのは、種類の違う繊維の特性を高めて、それぞれの欠点をおぎなうようにして行われるのがポイントです。

例えば、ポリエステル65%、綿35%の割合で合成された繊維があります。ポリエステルの、吸収性は少ないけれどもシワになりにくい特性と綿の特性が調和し、吸収性が高くシワになりにくい素材となるのです。

この割合の素材は、着心地が良く、乾きやすく、シワになりにくいため、「黄金ブレンド」と呼ばれたそうです。

ポリエステルの優れた性質

ポリエステルは、数々の優れた性質をもっており、特に、熱可塑性(糸や布にある形を与えて、熱と圧力を加えると形が固定される性質があり、これによってさまざまな加工がしやすい)と低吸湿性(湿気を吸い込みにくいため、水に濡れても乾きやすい)が挙げられます。

ウォッシュアンドウェア(wash and wear)やノーアイロン、いまだとイージーケアなどと言う言葉がありますが、家庭で洗濯ができて濡れても乾きやすく、しわになりにくい性質が、熱可塑性と低吸湿性によって引き出されているのです。

他の繊維となじみやすいので、多くの天然繊維や化学繊維と混紡したり、異なる糸を用いて交織(こうしょく)したりして、互いの長所を生かしながら、短所を打ち消し合うことができるのです。

上記のポリエステル65%、綿35%の割合で合成された繊維もその良い一例です。

ポリエステルの短所としては、繊維が硬いためにピリングと呼ばれる毛玉ができやすく、汚れのひどいものと一緒に洗ったり長時間洗濯液に浸けておくと、その汚れを吸い取って次第に薄黒くなっていく「逆汚染」と言われる欠点もあります。

そのため、白いポリエステル生地は、汚れたものと一緒に洗わない方が良いです。