意匠糸、飾り糸、ファンシーヤーン(Fancy yarn)の種類と特徴


糸の太さや長さ、色などがそれぞれ異なるもの同士を組み合わせることによって、変わった外観や構造をもった装飾用の糸のことを、意匠糸いしょういと、飾り糸、ファンシーヤーン(fancy yarn)などと呼びます。

このような一風変わった糸は、組み合わせによっていろんなパターンができるので、多くの種類あります。

ネップヤーン(nep yarn)

代表的な意匠糸の一つで、芯になる糸に、粗糸そし(まだ撚りのかかってない繊維)を用いて、間隔をおいてつぶ状の繊維のかたまりを吹き付けながら撚りをかけた糸です。

繊維のかたまりの大小や、吹き付ける間隔の長短、ネップの素材や色を変更することによって、さまざまなバリエーションが生まれます。

ツイード糸にもネップヤーンは、よく用いられます。

スラブヤーン(slub yarn)

スラブとは、紡績糸の不均整な部分を意味しますが、その名前がつくだけあって、一本の糸の中に、太さが違う、膨らんだ太い部分がある糸のことをスラブヤーンといいます。

太番手と細番手の糸、または太い細かいが極端なもの、同じスラブヤーンの2本撚りなど、スラブラーンと一口にいってもさまざまあります。

糸と糸を撚り合せることによって(撚糸ねんし)あえて不均整な部分をつくるので、撚糸スラブと呼ばれることもあります。

他の意匠糸と撚り合わせて、用いられることも多いです。

シュニール糸(chenille yarn)

シュニールは(chenilleは英語で毛虫の意)、綿・絹・毛などで織り、こまかい毛をたて、なめらかでつやのあるビロード状に毛羽立てた飾り糸です。

壁糸(かべいと)

壁糸かべいとは、細い芯となる糸に太い糸が螺旋状らせんじょうに巻きついて見える糸のことです。

チェーンヤーン(chain yarn)

チェーンヤーンは、壁糸かべいとに、さらに細い一本の糸を添えて逆に撚りをかけて、一見すると鎖のように見える糸のことです。

ささべり糸(笹縁糸)(gimp yarn)

笹縁ささべりとは、笹の葉っぱに白く細いへりがあるのに似ていることから、衣服や袋物やござなどのへりを、補強や装飾の目的で、布や組紐などで細くふちどったもの意味します。

ささべり糸は細糸を芯にして、太糸を速く送り出して巻きつけ、さらに細糸を引き揃え、その回りに巻きつけたものです。

ノップヤーン(knop yarn)

ノップヤーンは、星糸ほしいとともいい、ある一定の間隔ごとに、玉がついているようにみせるために撚り合せた糸のことです。
間断的に一本または二本の巻糸を芯糸の上部にところどころ固め、強く巻き付けて節をあらわします。

金糸(きんし)(gold thread)

その名の通り、金箔を使った糸で、銀糸は銀箔をつかった糸です。刺繍(ししゅう)などの装飾用として使われてくました。

ループヤーン(loop yarn)

名前の如く、糸の表面にループ(輪っか)をもたせた糸です。糸の中心にある芯糸に、甘く撚られた糸を連続して絡ませることによってつくっています。

自分好みと用途にあった意匠糸を探す

意匠糸にはそれぞれに特徴があり、上記にいくつか紹介しましたが、その種類は非常に多いです。

他社がつくっていない面白い糸をということで、糸屋さんの努力によってこれまでさまざまなものが商品化されてきました。

意匠糸の用途はニットに使われることが多いですが、織物にも使われることがもちろんありますし、その他糸で加工できるものであればなんでも使用できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です