藍プランテーションの残酷な歴史。『ガンディー平和を紡ぐ人』


インドは、ネパールとの国境近くのチャンパーランという土地では、19世紀にはイギリスの資本家が進出して土地を確保し、大規模なインド藍のプランテーション(大農園)をつくりました。

藍の生産をめぐる悲しい歴史が、そこにはありました。

以下、『ガンディー平和を紡ぐ人』からの引用です。

藍プランテーションには残酷な歴史がある。土地を買い取ったイギリス人の農園主は、ティンティア(二十分の三)制度というしくみの下で、農民に藍栽培を強制し、収穫物を安く買いたたき、労働を強制し、地代やその他の代金を支払わせた。

1828年にファリドプル県の司法長官は、農園主に射殺された農民の何人もの遺体を確認し、「イギリスに届けられた箱詰めの藍は、人々の血で必ず汚れている」と報告したほどである。

十九世紀末にドイツ製の化学染料が市場に出されると藍は売れなくなったが、農園主は他の作物への転換を許さず、農民から搾り取ることで自らの収入を補填しようとした。

第一次世界大戦中はドイツからの染料が入手できなくなったため、再びインドの藍への需要が高まり、農園主には好機となったが、戦時の物価高騰を前に、農民の暮らしは厳しさを増すばかりだった。

このような悲惨な1917年にガンディーがチャンパーランの地を訪問し、農民運動を引き起こします。

藍をめぐる歴史のなかでの、悲しい事件の一例ですが、この他にもたくさんの悲劇的な過去があったのでしょう。

どのような流れを経て、染料の今があるのかなど、もっともっと歴史を学ばなければいけないと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です